Ubuntu 18.04 LTS 日本語 Remix インストール成功!

無事にUbuntu 18.04 LTSのインストールが成功した。今回で何回目だろうか? 過去の苦労のおかげで、今回がいちばんスムーズに作業ができた。

これまでのUbuntuに比べて、少し使いにくい。スマホの操作に近づけているような感がある。世の趨勢なのでやむなしか。それでもスマホを少しは使っているので、違和感はあるがついてはいける。

でも、PCの操作や設定としては、Ubuntu 16.06 までのほうが圧倒的に使いやすい。
 

YouTubeダウンロード方法・・メモ

【出典】 https://matome.naver.jp/odai/2146061673118762301

①動画簡単ダウンロードにアクセス!
https://www.thxyoutube.com/watch/

上記URLにアクセスする。
ダウンロードしたい動画URLを貼り付け「情報取得」ボタンをクリックする。

②YouTube動画の場合はYouTube動画URLに「thx」をつけるだけ!
YouTube動画の場合は、YouTube動画URLのyoutubeの前に「thx」をつけるだけで動画簡単ダウンロードページにアクセスできます。

③ダウンロード形式を選択する
動画情報取得中のローディングが終了すると、ダウンロード形式が選べるボタンが表示されます。
動画、音声のみ等、用途に必要なダウンロード形式を選択します。

④ファイルをダウンロードする
別ウィンドウ(またはタブ)が立ち上がり、③で選択したダウンロード形式の情報と共にダウンロードボタンが表示されます。ダウンロードボタンは赤枠の部分。
ボタンクリックでダウンロードが開始されます。
ダウンロードされた動画は「ダウンロード」フォルダに入ります。
ファイル名はページ上部に表示されています。(この場合は「videoplayback」というファイル名でダウンロードされます。)


【動画簡単ダウンロードの良い点】

①ソフトウェアをインストールすることがないのでPCに負担がかからない。

②YouTube動画の場合はURLに「thx」をつけるだけなので、サイトのURLを覚えていなくてもいい。

★非常に簡単で使いやすい。 このサイトに感謝しています。「有難う」×3!!
早速、juggling tutorial をダウンロードしてみた。わずか2分30秒の動画が、25MBになった。やたらとダウンロードするものではない。
 

Juggling memo

https://www.youtube.com/watch?v=nH5DV8LeJ6E

3ボールジャグリング・・シャワー練習メモ_3

3ボールカスケードは、一応マスターできたのだが、シャワーとなると、えらく難しい。

カスケードも後期高齢者になってから始め、苦心の末マスターした。シャワーもこの苦労を思い出し、必ずできると信じて練習を始めた。まだ3回だけ時々できるが、その後がいけない。下記参考サイトを頼りに、ステップ毎に初心に帰って始めている。後期高齢者でも、必ずできることを実証したい。

●モデル
http://mascaret.blog12.fc2.com/blog-entry-168.html
https://www.youtube.com/watch?v=E3kDOGaFVaM
ベスト動画
http://www.kjc-web.com/contents/special/yatte/yatte/yatte-ind.php?type=ba7
上記参考サイトをベースに、これまでのエクササイズで体感した自分なりのポイントを追記したコツを以下のようにまとめ直した。

[1] 動きを覚える

シャワーでは今までよりも高く、素早く、ボールを投げる。

しっかりとステップを踏んで、手を抜かないで練習することが大切!

まずは1個のボールから始める。

ボールを右手から左手へ、頭の高さを越えるくらいの高さで投げる。
左手は左肩の前で準備をし、落ちてくるボールを受け取る。

そこから素早く右手へボールを投げ渡す。
この時、なるべく手首を利かせ、ひじの位置が大きく動かないようにすること。

右手でボールを受け取ったら同じように頭の上を越えるくらいの高さで左手に投げ渡す。

注意しなければいけないのは、左手から右手へボールを投げ渡す時、直接手渡しをしてはいけない。

●この一連の動作を、まずボール1つでしっかりと身に付ける。
素早く、確実にできるようになるまで何度も繰りかえし練習をすること。


[2] ボール二つで

次にボール二つで練習する。
右手に1つ、左手に1つボールを持つ。

はじめに右手のボールを1つの時と同じに、頭の上を越える高さで左手に投げ渡す。
そのボールが左手に落ちてくる前に、左手のボールを素早く右手に投げ渡す。

これでボールが交換されている状態になっているので、再び同じ動作を繰り返す。

注意する点は、

・右手からなるべく正確に左手の位置にボールを渡すこと。
・左手から右手に投げ渡す時に手元を見ないでできるようにすること。
★あひる注: 左手に注意を集中し、左手を右手より先に動かす意識をもって右手に投げ渡す!

右手からのボールは、今まで練習したどの技よりも高く、素早く投げる必要がある。
投げるボールの軌跡が一定になるよう練習をしよう。


・右手と左手の距離はあまり詰めない。近すぎると見栄えがわるい。一旦近い距離で身につけてしまうと、あとで距離を離すことが難しくなる。
・少なくとも、自分の頭を超える高さまで投げ上げる。


●二つを素早く投げられるようにする

動きに慣れてきたら途中で動きを止めずに投げる練習をする。

素早く正確に投げられるよう練習をしてください。



★あひる注: 左手に注意を集中し、左手中心に両手を動かす意識が肝心!

●速さになれる

ボールを素早く投げ上げる練習をする。

ボールを2つ右手に持つ。

まず1つ目のボールを今までと同じように投げ上げる。
そこから、最初のボールが左手に落ちてくる前に、素早く2つ目のボールを投げ上げる。

はじめのボールが落ちる前に 〈上昇中に!〉 投げるのが大切なポイント。


●2イン1ハンド・・片手で2個投げ上げ循環・・を徹底的に練習する

[3] 3つでの練習

カスケードの時もそうだが、ボールが2つから3つになった時、ぐっと難しくなる。
シャワーも同様で、ここから難しく感じるが、がんばって練習を続けること。

右手にボールを2つ、左手に1つ持つ。

そこから、前回と同じように、右手から素早く1つめと2つ目を投げ上げ、1つ目が落ちてくる前に左手の3つ目のボールを右手に投げ渡す。

1つ目のボールが左手に落ちてきたら、右手のボールを投げ上げ、左手のボールを右手に投げ渡す。
これでボールが一巡した。

★あひる注: 左手に注意を集中し、左手中心に両手を動かす意識が肝心!
左手の2投目が、1投目と同じ感覚、同じ軌道で右手に投げられるように! これが完全にできないと、3投目以降が続かない!

以上の「1回転」練習を徹底的にやる。

自分の思っている/感じている以上に素早く回す(投げる)!

はじめは3回、次に5回、そして10回・・・と少しずつ回数を増やせるよう練習をする。

TeX 参考サイト for 縦書き

TeX 縦書き文書 ひながた(「飇風」組版用)
私家版日本語 LaTeX テンプレート(2017年5月版)
縦書きLaTeXの基本
LaTeX 文書で“美しい日本の”ルビを使う ~pxrubrica パッケージ~
縦書きしてみよう
TeXでの1ページあたりの文字数,行数の設定

ilreq これは何?