練習

久しぶりにOhbaクラブで朝9時から卓球をした。ほとんど2ヶ月ぶり。このクラブにも、いつものSBクラブとは違って、それなりの良さがある。

きょうはほぼ十分練習ができた。
 

はじめての卓球ボランティア

きょう、はじめての卓球のボランティアをやった。午前10時から2時間ばかり。所属している団体が市から要請されて夏休み子供卓球教室を共催することになり、チームのメンバーが子どもたちに“球出し”をした。とにかく初めての子供相手、小学生1年から3年くらいまでの子供なので気疲れした。何はともあれ市との関わりも大切である。

その後昼食をメンバーと共にし、午後から自分たちの練習を2時間ほど。きょうは卓球の1日であった。猛暑の日であったが無事に終わってよかった。 
 

卓球練習

きょうは男子中心の大グループでの卓球練習。15人で卓球台は6台。ちょっと苦しい。しかし、やはり男性のメンバーとやると球筋が違う。パワーが違う。

だから女性中心のグループときょうのグループの2つに所属して練習している。とはいっても週2回の練習はたまにしかできないが。
 
昨年の引っ越しで、10ヶ月のブランクは大きい。まだ以前のレベルに復帰できていない。

久しぶりの卓球

きょうは卓球の練習がきちんとできた。コーチが指導してくれるから有り難い。それに少人数だし。女性8人に対し、男は自分一人。もうひとりの男性が都合で休み。おかげで、少しプレッシャーを感じながらの練習となった。

高齢者としては、女性中心のグループで練習させてもらったほうが体力的にはやりやすい。
 

グリップ・・卓球でいちばんの基本となること

いま世界選手権大会が行われている。全部はテレビ観戦できないので、翌日の新聞を読む。

新聞紙上の写真、特に女子選手のラケットを握っている写真が役に立つ。ラケットと手・腕の角度、指の位置など。これらの選手の握りを参考にしながら、自分のグリップを試行錯誤し、改善している。

最近も、自分なりに改善してきて、打球のミスが少くなってきた。カットされたボールも前よりは上手く返球できる。自分では、卓球はグリップがいちばん”最初”で最も重要な要因だと思う。

●グリップ → スイング(手首・前腕・肩) → スタンス → 体幹のコントロール の順で自分のフォームに影響を与え、それが打球されたボールに効いてくる。