Skype が使えなくなった!

Skype を1年以上使用していなかった。数日前に使おうとしたら、パスワードを入れても反応無し。入力画面が消えてしまう状態。焦った。

思い直して、調査開始。下記サイトに従ってインストールしたら、インストールは成功したらしい。
http://www.omgubuntu.co.uk/2018/02/install-skype-linux-ubuntu

「Ubntu ソフトウエア」からインストールできるようになっていた。Ubuntu 16.04 LTS がリリースされた当初は、Skype for Linux Ver 4.3 をインストールしないとSkypeはつかえなかったのに。最新版は”バージョン 8.15.0.4”となっている。

しかし、今度はマイク、カメラなどの詳細設定のモードがまったくない? 画面が見つからない。だから未だ実際に使えるか否かは不明。テストはOKだが。。。
 

ワークスペースの切り替え・・Ubuntu 16.04 LTS

ある日、突然ワークスペースの切り替えがショートカット・キーで操作できなくなった。

ネットに尋ねても答えが見つからない。数日困っていたが、本日再度検索したら答えがあった。
https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=115601

自分では、いじった覚えのない

「CompizConfig Setting Manager」の「デスクトップ」の「Desktop Wall」が有効になっていない

ただけだった。

これを見つけて、半信半疑でこのとおりに設定したら無事にOK! やれやれ・・。

★あひるの確信・・ほとんど全てのトラブルの解決策は、I-net上で見つかる!!
 

Inkscape年賀状

●テンプレートの作成:はがき

1) 「ファイル」 -- 「ドキュメントのプロパティ」を選ぶ。

2) 「カスタムサイズ」のサイズを 100 x 148 に設定する。

3) 「5」キーを押す → はがきサイズのテンプレートが作成される。

4) Hagaki.svg と名前を付けて保存する。ディテクトリはどこでも可。

5) /usr/share/inkscape/templates/ にコピーする

6) 新規立ち上げ後、 「ファイル」→「テンプレート」一覧のなかに "hagaki" が入っていることを確認する。

【出典】 http://kreisel.fam.cx/webmaster/clog/2010-01-04-1.html

※このテンプレートを使って制作し、完成後PDFファイルをモニターで100%サイズで表示すると、現物はがきと全く同じサイズで表示される。

●今回は、Inkscape, Gimp によって年賀状を beautiful に作成できた。文字に関しては過去最高の出来栄えとなった。
 

TeX サイト

http://xymtex.my.coocan.jp/

TeX Live 2017 のインストール on Ubuntu 16.04 LTS

TeX Live 2017 のインストールをした。参考サイトは:
http://www.fugenji.org/~thomas/texlive-guide
[前回]http://madahiru.blog81.fc2.com/blog-entry-646.html

1. 準備・・ /usr/local/texlive ディレクトリの中を空にしておく。さらに

$ sudo rm -rf /usr/local/texlive/2017
$ sudo rm -rf ~/.texlive2017


2. TeX Live 2017 パッケージをダウンロードする・・ https://www.tug.org/texlive/acquire-iso.html
https://www.tug.org/texlive/acquire-iso.html

3. ダウンロードした iso ファイルを 右クリックして、ポップアップメニューから「Open with Disk Image Mounter」 を開く
★「Open with Disk Image Writer」と間違えないこと!

4. 端末を開き、このディレクトリへ移動(cd)する。→実際には ファイルマネージャ(ファイルブラウザ)内のフォルダアイコン= /media/hikaru/TeXLive2017上で右クリックし、ポップアップメニューの中の「Open in Terminal」 を選ぶ

5. $ sudo ./install-tl --gui=perltk (GUIでインストールする場合)
※途中の質問には、「i」を入力する。また、《./install-tl》実行でエラーとなる場合は、《perl install-tl》を実行する。

6. インストールが終わったら(※)、PATHを通す・・(※ターミナルの文字の中の最後から2行目に"Wellcome to TeX Live"の表示が出ていればOK) 

$ export PATH=$PATH:/usr/local/texlive/2017/bin/x86_64-linux


7. 生成するPDFファイルに、和文フォント=IPAexフォント(TeX Live に含まれている)を埋め込む設定をする

$ sudo kanji-config-updmap-sys ipaex

★この「7項」の設定に気づかなかった。そのため縦書きPDF文書の文字の中心がズレて表示されていた。きょう、やっとそのことが分かり、この手順を加えたらめでたく真っ当に日本語縦書き文ができた。大きなブレークスルー!