スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最短のURLを我がものに!

 最も簡潔なURLを手にした。きのう、さくらのレンタルサーバーと独自ドメインを契約した。現在、ロリポップを使っているが、Wordpressの日本語版を導入するためにさくらレンタルサーバーを導入し、ドメインも取り直した。

 おかげで、<○○○○○○○.net>と、7文字と<.net>とを http:// の後に入力するだけで、自分のサイトにアクセスできるようになった。おまけに、メールアドレスも簡潔になった。すなわち、<△△△△△.○○○○○○○.net>でOKなのだ。さくらは有り難い。ロリポップさん、これまでお世話になりました。(あと半年間は、前払いしてあるので使わせてもらいます。)

 後は、迷惑メールが来襲して来ないことを祈る!

 なお、このような契約申し込みの際は、Linux愛好者ではあるが、やはりセキュリティのためにWindowsXPを使ってしまう。Ubuntu Firefox のセキュリティのことがいまいち分からないので。
 
スポンサーサイト

やっぱり ATOK X3 for Linux は気まぐれ

 Ubuntu 8.04にアップグレードして、初めてATOK X3 for Linux を採用したのだがやはり気まぐれ。きょうまで3日間は問題なくATOKパレットが起動毎に表示されていたのだが、今朝は表示されない。したがって日本語入力が使えず、全くのお手上げ。

 何度か、再起動を繰り返していたが、今度はメーラーの "Evolution Mail" で送信できなくなった。送信ボタンが灰色となり無効にされてしまっている。これもATOKの仕業か??

 やむなく、というかよい機会であったので、ThunderBird をインストールしたら、今度はOK.やれやれ・・。
 

NHK時計の不思議

 NHK時計を組み込んだ。自分の他のブログには以前から貼り付けているのだが、わが家のLinuxPCでは、時刻が1時間進んで表示される。Windowsマシンでは、そのようなことはない。 もちろんどのPCも、タイムゾーンの設定は東京となっているのだが・・。

 同じLinuxでも、TurbolinuxFUJIでは時刻表示が正しい。FedoraとUbuntuでは1時間進む。PCメーカーにも問い合わせたが、おなじ症状。何だか狐につままれたような・・。諦めてそのまま放置しておいた。

 ところが、きのうふと見るとこのNHK時計の表示が正しくなっている。原因は分からない。でも便利なので、早速このブログにも貼り付けた次第である。
 

ATOK X3 for Linux on Ubuntu 8.04 (3)

 過去3日間悩んでいた<ATOK X3 for Linux on Ubuntu 8.04 >がようやくほぼ問題なく使えるレベルに達した。人様のおかげである。

 人様というのは「Ubuntu よちよち歩記」というブログの管理人様である。このブログに、ATOKのパレットを表示されるようにするには、 [/etc/X11/xorg.conf]の中にある[ Option "XkbOptions" "grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll"]をコメントアウトすればよい、との記載があった。

 早速試してみたら、まさにその通り! 見事、毎起動後に書込モードにすると、ATOKパレットがデスクトップに表示されるようになった。散々苦労したあとだけに、このATOKパレットが特別神々しく見えた。「Ubuntu よちよち歩記」さん、ありがとう! この人のブログにはコメント書込ができない設定になっているのでお礼の伝えようがないのです。
 

ATOK X3 for Linux on Ubuntu 8.04 (2)

 やはりATOK X3 for Linux on Ubuntu 8.04 は不安定できまぐれ。Ubuntu起動時にATOKパレットが表示されない場合が多い。5回くらい再起動するとようやく表示される。

 いまもようやくATOKパレットが表示され、日本語入力できるようになった。そして、この日記が書けている。とにかく、日本語入力ができないと全てお手上げ。ブログはおろか、検索もできない。

 ATOK X3 for Linux on Ubuntu 8.04 については、JustSystemも何も保証していないようなので仕方のないことか?

 「人がいないか探してみる」。例文にあった変換が一発でできた。やはりATOKを使いたい! なんとかならないものか?? 
 

ATOK X3 for Linux on Ubuntu 8.04

 きのう、「無事にATOK X3 for Linux が Ubuntu 8.04にインストールできた、いまのところ不具合はない」、と書いたばかりだったが、やはり大きな不具合・不安定がある。Ubuntuの起動後に、ATOKバーがデスクトップに表示されない時がある。むしろ、この場合の方が頻度が高い。

 どのようなキーを入力しても、日本語入力モードにならない。諦めて、シャットダウンし、数時間後に再起動すると、このATOKバーが現れ、めでたく日本語入力ができる。きょうの、この日記もそのような経過の後に書いているのである。不可思議なトラブル。OS起動時に、関係ファイルを読み込んだり、ミスったりすることがあるのか??

 ネット検索したら、“sudo touch /etc/gtk-2.0/gtk.immodules.32”を実行したら良いとのヒントがあったので、早速実行した。その結果、一応日本語入力は可能になったが、ATOKバーではなくAnthyバーが表示されている。まあ・・しょうがないか・・。最終的な対策が見つかるまで、このままとしよう。

 ただ、ATOKが機能しているのか不安はある。でもこれまでよりまともな変換がされているので、機能しているのだろう。また、手書き認識もバッチリだし! 感謝していよう。

■補足(08.5.20 追記)
 やはり、ATOKは機能していなかった。そこで、sudo touch /etc/gtk-2.0/gtk.immodules.32を無効にするため、sudo touch /etc/gtk-2.0/gtk.immodulesを再度実行してみた。

 すると、AKOKバー(パレット)が現れ、すっきりした。しかし、今度は手書き文字を入力できなくなった。Anthy ではできたのに・・
 

ATOK X3 for Linux のインストール

 きのう、ヨドバシカメラでその前日に買ったATOK X3 for Linux Ubuntu8.04 にインストール した。なんとか無事成功したようだ。いまのところ不具合はない。

 途中で、アンダーバー[ _ ]が入力できない状況になっていたことが分かった。慌ててフォーラムやGoogleで先人たちに教えを請うた。その結果、Ubntu8.04にアップグレードした影響であることがわかった。書き込まれていた親切な先輩たちの指導により、無事クリア。

 再度、インストールに挑戦。今後は目出度く最後まで進行した。結果OK!! が・・、その後不可思議な状態が発生! ATOKが全く作動しなくなった。日本語入力ができず、ATOKのバーが表示されないのだ。Web上に解説されていた処置を数回試してみたがNG。諦めてきのうは放置したまま。

 しかし、けさ起動してみると、見事ATOKのバーが表示されている! そのまま何の問題もなく日本語変換できる。有り難い!!

 やはり、ATOKは使い勝手が良さそうである。
 

フォアハンドの奥義

 何年もかかったが、数週間前からやっとフォアハンドのスイングの奥義の入り口にさしかかったような思いがする。それまで、素振りをしていても、どこかしっくり来なかった。

 それが、最近では自分で理想のスイングを追求できそうな気がしてきた。素振りにも以前ほどの迷いがなくなった。

 実際の練習でのコーチの指導、三木卓球教室のビデオ、そして大江卓球教室のサイトの解説のおかげである。さらに、卓球仲間が貸してくれた、数々の良いプレーが収録されたDVDのおかげでもある。感謝!!


 ラケットも、過去4年間で4本替えた。最初は、Butterfly 5枚合板170g、次は Butterfly アリレートカーボン175g、その次はSTIGA AllroundClassic 160g、そしていま、TSP BALSA ALLROUND 150g。ラバーすべて裏ラバーである。

 加齢に応じて非力になっているので、現在のTSPラケットが最も使いやすい。バルサ板にカーボンが入っているので反発力もあり、それほど打ち負けることがない。

 4年前に卓球練習を再開し、ペンホルダーからシェークハンドに本格的に転向した。それまで使用していたペンラケットは、Butterflyのカーボンラケットで105gであった。
 

Bloggerがおもしろい!

 知る人ぞ知る、"Blogger" というブログサービスがある。Google提供のブログサービスである。ブログの草分けの一つのようだ。自分も4年前に使い始めたが、不便なこともありあまり更新せず、放ったらかしておいた。

 数ヶ月まえに、思い直して再開したら、かなり改善されて使いやすくなっていた。なによりもGoogleのブログなので、検索の対象として他社のブログと遜色なく(同等以上?)にキーワード検索してくれる。なんだか、自分のブログの認知度が高まったかと錯覚してしまうほどである。とにかく有難いことだ。

 もちろん、Linuxでも問題なく、すべての機能が動作する。
 

Ubuntuバージョンアップ

 きのうUbuntuのバージョンアップを実行した。そのつもりはなく、パッケージのアップデートを実行したら、その流れでバージョンアップまで行ってしまった。

 どうせ、試行用のOSなので、「まあ、いいか・・」という軽い気持ちでOKしたら、えらく時間がかかってしまった。午前8:30頃開始し、終了したのは午後6:40! なんと10時間かかってしまった。ダウンロードのスピードが極度に遅い。その間、外出し所用を果たして帰宅してもまだ仕掛中。でも、トラブルなしで終了できたのは、なによりの幸いであった。目出度く、Ubuntu8.04LTSとなった。

 Fedoraとの違いは、これまでの設定を引き継いだまま、容易にバージョンアップできるのが有難い。Fedoraのことを思うと、うんざりする。というわけで、Fedoraのほうは、いまだにFc7のまま。次は一つとばして、Fc9にするつもり。でも設定の引き継ぎは期待できないので、大事な部分だけ、外部媒体に記録して、クリーンインストールするつもである。ちょっと情けないが、いまの自分の実力ではやむを得ない。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。