スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェークハンドの弱点克服打法に挑戦!

 周知の通り、シェークハンドの弱点は体のミドルを突かれること。自分も然り、特に前陣にいるとき、中央より右脇側を攻撃されるとお手上げ。

 水谷選手などのプレーを見ていると、ラケットのヘッドを立てて、横回転をかけて返球・反攻している。このプレーをもっと発展させて、右脇よりもっと離れた右位置にボールが来ても、ラケットのバック側で返球できるのではないかと、きょう気がついた。まだ、だれもやっていないプレー、これをマスターしたらすごい!

 通常は、体の右近くに来たボールは、体をすばやく左に移動してフォアハンドで打つのであろう。しかし、自分はもう、そんなに速く足を送れない。ラケットの切り替えがせいいっぱいである。そこで、体を移動できなくとも、ラケットのバック面で、体のすぐ右側のボールを返球できれば弱点が克服できるのでは?!、と凡人あひるは妄想した。

 そこで、わが家の特設ボードで早速試してみた。攻撃的なボールは当面無理だが、つなぎの防御的打球なら、練習次第で何とか実現可能ではないか、と先ほど見通しを得た。次回のクラブでの練習で早速試してみよう。
 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。