スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと分かった・・!

わが卓球クラブには一流のコーチがいる。往年の名門実業団卓球部で主将を務めたこともある人である。要所、要所は教えてもらえるが、残念ながらペンホルダーのプレイヤーである。われわれシニア世代にはシェークの名手は近くにはいない。そこでビデオや本・雑誌が頼りである。

いま一番の頼りは、平岡義博という本の中のコーチである。この人の解説で、長年自分で迷い、悩んでいた打法、特にフォアハンドの打ち方が氷解した! この平岡コーチによれば、「かぶせ打ち」「流し打ち」の2通りの打ち方があり、それを状況によって打ち分ける必要があるとのこと。

振り返れば、自分でもそれらしい打ち分けはやっている。しかし、この分類でいえば自分は、「かぶせ打法」にこだわっていた。「流し打法」は必要に応じてやってはいるものの、好きにはなれなかった。ところが、平岡氏はそれぞれをボールの状況によって使い分けなければ上達しないと説く。

その通りだと思った、納得した、心にストンと落ちた。これからは体に覚え込ませる番だ。もう迷う必要はない!
 
きのう、この平岡コーチの教えに従って練習したら、久しぶりにフォアの200回ラリーを達成できた。次回はもっと強い球、早いピッチで200~300回ラリーを成功させたい。
 

 
スポンサーサイト

角度打ち・・

きょうは卓球の練習を2時間ほど。このところカット打ちのための「角度打ち」という打法に挑戦している。ループドライブではなく、強く弾くような打ち方である。

練習はじめは上手くいった。相手がミスする回数が多くなったのと、自分もさらに平野選手のようなループドライブも打ってみたくなり、挑戦。ところが何度やっても上手くいかない。今度はこちらのミスばかり。「これでは・・」、と元の角度打ちに戻したが、調子が狂ってしまって、この打法でもミスが多くなった。

教訓:一つの打法を完全に身につけるまでは、あれこれ浮気をしないこと。
・初心に返り、基本に忠実に! チェックポイントを絶えず頭に入れて体に覚えさせる。
バックスイングの面、打球点の面、肘・・。以下[平岡義博コーチのアドバイス]

1) 相手をしっかりと見て、打球方向を定める
2) ラケット面を下に向けて、左肩を前に出すようにして、バックスイングをとる
3) スイングをはじめる
4) ラケット面をひらき、体の前で弾くように打球する
5) コンパクトに振り抜く
6) 素早く元の体勢に戻る

※ 相手の打球の回転が強いほど、打ち返すエネルギーが強くなり、ボールのスピードが増す

 

Ubuntu はすばらしい!!

わがUbuntu8.04が段々よくなってきた。きょうはデジカメ画像の取り込みもできた。早速ブログにもアップした。

これまでは、画像の取り込みはWindowsXPを使用してきたが、これからはLinuxだけで用が足りる。問題は印刷である。画像、写真はおろか文章も希望の書体では印刷できない。プリンタが適応しないからしょうがない。キャノンの最近のプリンタはLinuxを回避/敬遠しているのか??

今回は、参考書「Ubuntu--実用本位のテクニック」(株アイ・ティ・シー・ジャパン発行)にずいぶんとお世話になった。使いたい主要機能の説明が適切に掲載されていた。誤記が1カ所あって戸惑ったが、おかげでATOKX3 のインストールもできた。感謝!

これからは、FedoraよりもUbuntuの時か?!
 

Ubuntu8.04復旧!

わがUbuntu8.04システムがやっと復旧した。ただし、残念ながら旧データはまだ回復できていない。ダメージを受けたHDDから救済できるか?? 徐々に取り組んでいこう。

今回は、マルチブートシステムは取りやめた。これまでは、1つのHDDの上に、UbuntuとFedoraをインストールしていたが、内一つがダウンすると他の方もだめになってしまう可能性がある。

そこで、今度は、3台あるHDDのそれぞれに、別のOSを一つずつインストールすることにした。システムの起動は、HDDの電源スイッチを、PC起動前に手動でON/OFFすることにより選択することにした。GRUBによる起動OS選択を止めた。

少し不便だが、これが一番確実・安全であり、お互いに独立できる。
 

Linuxが普及しない理由--やっぱり面倒くさい!!

昨年末に大きな“お歳暮”をもらってしまった。わが愛用のLinuxマルチブートシステムがダウンしてしまった。

Ubuntuを使っているときにフリーズ、対応中に同じHDDに搭載していたFedora8も動作不良。他に2台のHDDにFedora9と他のOS2つがあるが、インストールし直しているうちに、1つを消してしまった。

ダウンしたUbuntu8.04/Fedora8のデータは未だ救済できていない。Fedora9はクリーンインストールをし直したが、データは全部消滅。大事なデータが入っていなかったのが幸い。

ところが、Ubuntu8.04のインストールに手こずっている。nvidiaのドライバーがインストールできないのだ。Ubuntu7.1のときは何の問題もなかったのに。。。

いつもまにかパッケージがなくなってしまうこともあるようだ。アプリケーションも10個ほどすぐにも必要だが、これも大変そう。以前のままではすんなりいかない。操作方法も忘れてしまっているし。

今後のために操作方法をまとめておかねばならない。これからインストールしながらやり方をメモっておこう。

・CUIログインの起動方法
・ドライバーの探し方
・ドライバーのインストール方法

・Adobe Reader
・Adobe Flash Player
・Real Player
・フォント
  ・・・・

すぐに必要となる操作ばかりだ。
 

素振り/イメージトレーニングの効果

今週も、卓球の練習ができた。幾つになっても進歩はしたいもの。家の中で素振りとイメージトレーニングを続けている。今回は効果てきめんだった!

テーマの一つはカット打ち。練習メンバーの中にカットがうまい人がいる。いつも、その人のカットボールに手こずっていた。ところが、今回、素振りと本のコーチから教えられたスイングで対応したら、50%くらいの確率で打ち返せるようになった。それもかなりの強力ボールで!

ループドライブのようなボールは、自分は好まない、やはり相手を打ち崩せるような強いボールを目指している。そのカット打ちのスタートラインに着けたような気がする。

本のコーチ「もっとうまくなる! 卓球」(平岡義博著)に教わった(解説が出ていた)。それまで、自分が迷っていて確信がなかったが、このコーチの説明で確信が来た。この確信をもって素振りとイメージトレーニング、そして実地練習を続けよう。

いままで打ち損なっていたボールを、強力に打ち返したもんだから、相手が一瞬とまどっていた。こんどは相手がミスをすることもあった。楽しい! ただ練習あるのみ。この際、カッと打ちを我がものにするぞ!!!

(蛇足)正しいスイングを見つけるには:あくなき向上心、あるべき姿の探求[資料、テレビ・ビデオ・ネット、実地観察をとおして]、自分なりに消化・工夫、そしてあるべき姿をイメージしながらの素振り
 

Ubuntu参考サイト

・RealPlayer: http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/9940/realplayer/

・シングルユーザーモードで起動する
http://watermans-linuxtips.blogspot.com/

重要コマンド for Ubuntu

● $ → # :
$ sudo -s
# ← 管理者シェルが起動

  ※一般の参考書には、「$ su -」で管理者に変更できると記載があるが、
   これは、Fedoraでのこと。Ubuntuでは P/Wの「認証エラー」となる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。