スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cheese レポート中間まとめ

Cheese ウェブカム・ブースにずいぶん時間がかかった。でも問題解決できなかった。しかし、それなりに判明したことがいくつかある。

Cheese 2.32.0 は、Ubuntu 10.10 では正常に動作する。一たん閉じた後に、再び開いても映像は表示される。

●Cheese 2.32.0 は、Ubuntu 11.04 ではNG! 一度閉じた後に再び開くと、ウインドウは開くが映像が表示されない。

Fedora 15 には、最初から新版 Cheese 3.0.1 がインストールされている。しかし、
  a) 一度閉じた後に再び開くと、ウインドウは開くが映像がすぐには表示されない。約90秒後に表示される。
  b) 一度閉じた後に再び開くと、いくら待っても映像が出てこない。(ウインドウ内容は約1分後に表示される)
  ※a)は、CD版ダウンロードしてインストールした場合。b)は、日経Linux DVD版でインストールした場合。

以上、すべて同一PCを使ってのテスト結果である。自分のPCの性能が、OSの基準を満たしていないのではないか? いまの推測である。
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。