卓球無極

卓球も週一回の練習では進歩しないのが当たり前。分かってはいたがどうしようもない、と諦めていた。数日前から思いを新たにした。

自宅では打球練習は無理としても、変化球サーブ/回転サーブの模擬練習はできるのではないか? 早速きのうから“秘密練習”用セットを設け練習を始めた。具合がよさそう。いつの日にかデビューし、仲間を「あっ!」と言わせたい。幻想で終わらないよう練習に努めよう。
 

グリップ・・打球を最も支配するもの

週1の練習では、さっぱり上達しない我が卓球。

最近、それでもほんの少し開眼した。それはグリップである。グリップがもっとも打球の威力を支配するというのが、わが経験上の持論である。ボールを支配する他の第2、第3の要因は腕のスイングと腰の回転であるが。

数週間ほど前から、思い切ってグリップをゆるくした。それまで、少し力が入りすぎており、ボールコントロールに何があり、打球の勢いも削がれていた。

打球ポイント直前までは、すっぽ抜けるちょっと手前までゆるく、ソフトに握ってみた。するとコントロールもしやすく、体幹にも変な力みがなくなり、ボールの勢いも強くなってきた。数名の練習相手が、ボールの変化を体感し、教えてくれた。

この方向で間違いがなさそうなので、継続して練習しこのスタイルをぜひものにしたい。