スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔はMacエバンジェリスト、いまは・・・

MacBookをぼちぼち操作しているが、いろいろと戸惑う。とてもスイスイというわけにはいかない。
MacBookPro17_mini.jpg

そこで、帰ってきたMacファンとして遊んでみた。この画像と同じMacBookProはほとんど誰も持っていないであろう、わがカストマイズMacBookPro17である。

オールドMacファンにしかできないこと。ただの自己満足の遊び。分かる人にしか分からない上の写真は、LinuxPCで使っているWebカメラでとりあえず撮ったものなので鮮明ではない。

ところで、いまはMacエバンジェリストではなく、Linuxエバンジェリストに転身している。
 
スポンサーサイト

ついにMacを導入!

ついに、きのうMacBook Pro 17を買った。20年ぶりのMac PCである。IBM5540の次のPCがMacのSE/30であった。SE/30と言っても、ヨドバシのアップルコーナーの店員でさえ知らない。いまどきの若者はPC専門家であっても、聞いたことがないという。

Macを買った理由:
・Linuxの良さを検証するため
・Windows, Linuxではできないことが、できるのかも?
・スマホ/タブレット導入の準備?・・タッチパッドの操作に慣れるため
・新しいことに挑戦していれば、脳が活性化されるから
 
ほんのさわりだけ操作している。まだまだ使えない。ある程度使えるようになってから、Linuxとの比較をしてみたい。

いま言えることは、とにかく高かった、ということだけ。Windows機の2~3倍する。それだけの値打ちがあるか? それともブランド代が高いのか?
 

Ubuntu 11.10 の整備

10月16日にUbuntu 11.10日本語版がリリースされたが、今回はオリジナル版(英語版)に徹することにする。

したがって整備が必要。まずはJapanese Teamサイトの情報にしたがって実行した。
【出典】http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized

●Japanese Teamのパッケージレポジトリの追加

1) 以下のコマンドを実行し、GPG鍵とレポジトリを追加する。
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/oneiric.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update


2) 以下のコマンドを実行し、パッケージをアップグレードする。
sudo apt-get upgrade



ここまで実行してしまったが、システム言語がEnglishのままにしてあるので何か不都合が起きるのではないか?
何か衝突が起こり、フリーズしてしまったら元も子もないが・・。何事も“勉強”。
 

Ubuntu 11.10 インストール

Ubuntu 11.10のインストールが、難産の末無事なんとか成功した。

現在、愛用しているUbuntu 11.04と比べて何が勝れているいるのか? よく分からないが、“そこにニューバージョンがあるから”挑戦してみた。


インストール作業は、最初からつまづきの連続であった。後日のためのメモを記しておく。

1) オリジナル版のUbuntu 11.10 をダウンロードして、CDに書き込むところからトラブル。イメージでしか書き込めない状態。Ubuntu 11.04でダウンロードしたUbuntu 11.10イメージファイルを右クリックして書き込みアプリを起動し、「内容を書き込む」をクリックすると、書き込みアプリが消えてしまう。「内容を書き込む」が実行できないのである。

やむなく、安定稼働しているFedora 13を使って、Ubuntu 11.10 OS のCD版を作成した。

2) インストール過程における選択チェックで:
   □ インストール中に アップデートをダウンロードする
   □ サードパーティのソフトウエアをインストールする
を選択してインストールした。

すると、インストールは最後まで行くのだか、終了直後の「再起動」をすると、画面が立ち上がらないのである。縦縞模様が画面一杯に表示されてフリーズしてしまう。

3) そこで
   □ インストール中に アップデートをダウンロードする
   □ サードパーティのソフトウエアをインストールする
上の2つのチェックを外してインストールしてみた。

すると今度は「再起動」も無事通過し、インストールが完了した。

4) 起動した画面をしばしチェックしてみた。すると、日本語表示のフォントが大変お粗末で醜い。とても耐えられない。やむなく、初心に戻って見ばえのよい英語表記のままで行くことにした。

5) ということで、再びインストールやり直し。今度は "English" を選択。無事インストールに成功した。


ところが、このままでは日本語がいっさい入力できない。検索もできないから、これでは使い物にならない。

6) 「System Setting」--「Language Support」--「Language」--「Install/Remove Language」--「日本語」を追加する。

★このとき、各Languageが表示されている小ウインドウ<Language Support>で、日本語を最上位にドラッグして移動すると、システム表示言語がすべて日本語になる。「日本語」を最上位に移動しないで、元の「English」のままにしておく。

そうすると、システム表示は英語のままで、「半角/全角」キーにより、検索やエディタ、ワードにおいて入力時のみ英語/日本語の切り替えができる。

※インストール時に「日本語」を選択しても、美しい日本語表示に設定し直す方法があるのかも知れないが、その方法が未だ分からないので、上記の方法でいまは納得している。
 




マジックサーブ・・卓球

自宅での猛練習?の甲斐があってか、マジックサーブがときたま、2バウンド目でネットを越えて自陣に戻ってくるようになった。ゲーム相手には、まだとても使える段階ではなく、ひとり練習の段階ではある。

まだエラーになる方が圧倒的に多い。それでも自分には不可能と思っていたことが、時々とはいえ実現できたことは非常にうれしい。水谷選手のように本物のマジックサーブをぜひ自分のものにしたい。そしてゲーム時に気安い仲間に試して驚かせてみたい。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。