スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UbuntuOne on Fedora 18・・NG!(作業メモ)

Yum Setup

Download and install the .repo file into /etc/yum.repos.d/:
# wget http://www.maxiberta.com.ar/repo/fedora-ubuntuone.repo
# mv fedora-ubuntuone.repo /etc/yum.repos.d/

Install the ubuntuone-client package and all of its dependencies:
# yum install ubuntuone-client

UbuntuOne Client Setup
Connect to UbuntuOne services and authenticate:
$ u1sdtool --connect


$ u1sdtool --connect
を実行すると<ERROR:root:Could not find any typelib for Unity>とエラーとなり先へ進めない。さて弱った・・。
 
★https://one.ubuntu.com/

★このサイト http://www.maxiberta.com.ar/blog/ubuntuone-packages-fedora が頼りだが、このとおり実行しても<u1sdtool>コマンドを受け付けてくれない。Fedora 18 のバグなのだろうか??
 



 
スポンサーサイト

Chromium on Fedora 18 ・・ブラウザのインストール成功!

Fedora 18 に、やっとChromium をインストールすることができた。Chromiumには不具合があるようで、Fedoraでは 「ソフトウエア」センターから一発でインストールできるようにはなっていない。

下記のサイトのおかげである。
●http://unix.stackexchange.com/questions/45658/how-do-i-install-chromium-on-f17
いつものとおり、明日の自分のために編集して再録しておく。


〔1〕rootでログインする。

〔2〕下記のURLから、fedora-chromium-stable.repoファイルをダウンロードする。
http://repos.fedorapeople.org/repos/spot/chromium-stable/fedora-chromium-stable.repo

〔3〕このファイルを /etc/yum.repos.d/ ディレクトリに移動(入れる)。

〔4〕# yum install chromium を実行する。

〔5〕ログアウトし、ユーザーに戻って(ユーザーでログイン)から、Chromium を起動する。
 


 

我が身の実験

●Ubuntuは大変使いやすくなり、もはやWindowsと比べても遜色がない。ワークスペースが複数あるので、何かと作業するときに便利である。Windowsより数段つかいやすい。

●反面、いろいろと考え、頭を使うことが少なくなってきた。便利良くなった分だけ、Linuxの面白さがなくなってきた。その点、Fedoraは、まだまだ楽しめる。とっつき難いのがその良さである。実務・実用にはUbuntu、遊びと研究にはFedoraと使い分けている。

●このブログも「70歳でも・・」と銘打って70歳前から始めたが、時が過ぎ70歳を数年オーバー。「80歳でも・・」となれるよう頑張っている。そして最近は、Linuxをいじっていると認知症の予防になるのではないか、と思い始めている。これが確信・現実となるよう我が身で実証してみよう、と思っている。
 
 

Skype on Fedora 18

やっと Fedora 18 (32bit) に Skypeをインストールできた。起動もOK。下記のサイトのおかげである。

●http://www.abouthack.com/articles/linux/how-to-install-skype-on-fedora-17.html
後日の自分用に少し編集して再録しておく。

Step1: ルートでログインする。

Step2: 「端末」を開き、Skype をダウンロードする。

# cd /home
# wget --trust-server-names http://www.skype.com/go/getskype-linux-dynamic


Step3: 展開(解凍)し、インストールする。

# mkdir /opt/skype
# tar xvf skype-4.1* -C /opt/skype --strip-components=1


Step4: 起動アイコンを設定する。

# ln -s /opt/skype/skype.desktop /usr/share/applications/skype.desktop
# ln -s /opt/skype/icons/SkypeBlue_48x48.png /usr/share/icons/skype.png
# ln -s /opt/skype/icons/SkypeBlue_48x48.png /usr/share/pixmaps/skype.png

# touch /usr/bin/skype
# chmod 755 /usr/bin/skype


Step5: /usr/bin/skype/ を開き、空白のファイルに以下のとおり書き込む。そして保存。

#!/bin/sh
export SKYPE_HOME="/opt/skype"

$SKYPE_HOME/skype --resources=$SKYPE_HOME $*


Step6: Skypenの起動・・通常のとおり、「アクティビティ」ー「Skype」で開く。
 

Fedora 18・・ キーで日本語/英語入力切替・・Tips

やっとキー操作で、日本語/英語の入力を切り替える方法が分かった。

1)「アプリケーション」─「入力メソッドのセレクター」ー「iBus」(設定 ...」と進み、
 「日本語Anthy」を追加設定する。

2)キー操作は、「Ctrl」+「J」で切替え。やれやれ。。
 
3) これでは2つのキーが離れすぎていて、片手では操作し難いので追加設定をする。1)の設定から<詳細設定>へ進み、<「Ctrl」+「a」>キーを追加設定した。これで片手で容易に切り替えられる。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。