Ubuntu One for Windows: Japanese Team への要望

Ubuntu One for Windows は、やっぱり機能しない。Windows PC とは同期しない!! 

Ubuntu PC 間では問題なく機能し、使いやすい。しかし、Windows PCでは使い物にならない。Windows PC で初期設定した直後だけ、Ubuntu One の全ファイルが見える。しかし、その後、Ubuntu側でファイルを更新したり、追加すると、もうWindows PC側は追従しない。更新・追加ファイルは”見えない”のである。その逆も、またそうである。Win XP/7/8.1 どれもNGである。

ネット上で散々調べたが、回答はない。いくつかのサイトでWindows PCで機能させる設定についての掲載があるが、それは誤解しているのではないか。最初の設定直後は、うまくいくのでその後も正常に機能すると思い込んでいるのでは? 自分も最初はそうであった。しかし、その次からはNG!!

きちんとフォローしている人のサイトでは、やはり「同期しない」 「Ubuntu Oneはやる気があるのか?」の旨が記載されている。まったくその通りだ。

●Ubuntuの優れていることは、お互いある程度使い込んだ者にとっては明白なこと。いうまでもなくWindowsに勝っている。しかし、プリンターや周辺機器、特定アプリケーション・ソフトの問題があるので、完全に"脱Windows" できない。次元は大きく異なるが、”脱原発”のケースと似ている。

この現状でWindowsとUbuntuを使いこなすには、Ubuntu Oneは非常に便利なツールである。いまや欠かせないと言っても過言ではない? 双方向のファイル交換のためにUbuntu One が使えないと、記録メディアでファイル交換したり、各種メールで転送しなくてはならない。手間がかかり大変不便。昔はそうであったが、人間は楽を追求する。

どうかUbuntu Japanese Team の関係者には、この不便さを認識され、またUbuntu評価アップ/拡大のためにもUbuntu One for Winndows の改修に力を注いでほしい。
 

文字化け対策 on Ubuntu 13.10

NHKの<TED>の日本語字幕付きのサイトを見ると文字化けしていた。TEDは英語や社会的話題収集のため時々観るのでこれでは困る。ネット検索で教えられ以下の2つを実行した。

1)【出典1】http://www.ubuntulinux.jp/japanese

方法2・Japanese Teamのパッケージレポジトリを追加する オリジナル版のDVDでインストールを行った環境に、次の手順でJapanese Teamのリポジトリを追加することができます。

1.[アプリケーション]-[アクセサリ]-[端末]を開きます。サーバ版を使用している場合は、ログインしてコマンドプロンプトを表示させます。

2.以下のコマンドを実行し、GPG鍵とレポジトリを追加します。

Ubuntu 13.10の場合:

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/saucy.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update

3.以下のコマンドを実行し、パッケージをアップグレードします。

sudo apt-get upgrade

4.画面右上の「電源」アイコンをクリックし、[システムの設定]を開きます。「フィルタ」に“言語サポート”と入力して、[言語サポート]画面を開きます。「メニューとウインドウの言語」として日本語が含まれていることを確認します。含まれていなければ、[言語のインストールと削除]から日本語を選択し、言語設定を追加します。

5.日本語 Remix DVDに追加されているパッケージと同じものをインストールする場合は、以下のコマンドを実行します。

 sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja


2)【出典2】http://www.k5.dion.ne.jp/~r-f/sicklylife/memo/ubuntu1304/#flash_mojibake

sudo apt-get install fonts-arphic-uming
cd /usr/share/fonts/truetype/arphic
sudo cp ../takao-gothic/TakaoPGothic.ttf uming.ttc


わがUbuntu 13.10 はオリジナル版のDVDでインストールを行い、日本語環境を設定した。この日本語設定に不備があるのかと想定し、まず上記1)【出典1】の対策を実行した。しかし、文字化けは解消せず。

次に、2)【出典2】を実行したところ、幸いにも文字化けは解消した。ただし、<sudo cp ../takao-gothic/TakaoPGothic.ttf uming.ttc>は、実行できていない。「このファイルは存在しない」とのコメントでエラーのままである。しかし、とにかく文字化けは以上の作業で解決している。
※このエラーのためか、表示される日本語文字が弱々しい(明朝体?) また、メール(Thuderbird)の文字も変調をきたしている。

正解は、次のバージョンアップの際に分かるかも?? 今回はこれで取りやめ、しばらく保留。いじりすぎて言語システムがおかしくなっては元も子もなくなるから。

※以下を再実行したら、今度はOKとなった。初回エラーとなった原因は?? 自分の入力キーのミスか?
cd /usr/share/fonts/truetype/arphic
sudo cp ../takao-gothic/TakaoPGothic.ttf uming.ttc
 

 
 

クラウド for Ubuntu and Windows (2)

Google Drive が Windows 8.1 と Ubuntu 13.10 の両方で簡単に開けるようになった。これで安心して Windows 8.1 を使える。

ただ1つ、不具合がある。Firefoxでは Google Drive のアイコンをデスクトップに貼り付けられるのに、Chrome を使うとデスクトップにアイコンを貼り付けられない。エラーとなる。やむなくブックマークバーに登録し、ここから開くことにした。あとは支障なさそう。

SkyDriveは、当然ながらWindows 8.1では問題なく開けるのに、Ubuntu 13.10ではインストールが面倒だし、無理やりインストールしても同期がとれない。設定方法に問題があるのかも?? そこでSkyDriveは放棄決定。Ubuntu OneがWindows 8.1で使えるようになるまで、Google Driveでしのぐことにする。
 

 

クラウド for Ubuntu and Windows

ここ数日、Ubuntu One をWindowsでも使用できるように挑戦してみたが失敗! ネット上にも”同期しない”などの書込が1~2件あるのみで、成功例の回答はまだない。U1はWindows 8.1 でも使える仕様には未だなっていないようだ。

この問題が解決されるまでは、U1は使えない。せっかくWindowsPCの最新機を導入したのに、Ubuntuとのやりとりが不自由。やむなく、Google Drive をきょうUbuntu 13.10 に導入してみた。Linuxは対応OSとはなっていないが、とにかくダウンロードしてみた。結果は、何とか使えそう。ファイルを一つアップロードしてみる。ちゃんと機能しているようだ。どんな支障があるのか? 使っているうちに分かるだろうか?

さて、つぎはWindows 8.1 のわが新鋭機に導入し、これとUbuntuでやりとりできればOK。明日試してみよう。

それにつけても、Googleを利用すると、情報は丸裸! 覚悟の上だ。万一公開されても大きな支障(被害)がないファイル/情報しかアップロードしないつもり。

ただより高いものはない!! これを肝に命じておかなくては・・。
 
★明け方3時過ぎ、寝付けなくなったので起き出して、Windows 8.1 で<Google Drive>をテスト。めでたく、Ubuntuにてアップロードしたファイルが開けた。今後何かと使えそう。ただし、Windows, Ubuntu ともにGoogle Drive を開くのが面倒。つどメールアドレスとパスワードを入力しなければならない。何か方法があるかも?
 

Windows 8.1 の整備・・作業メモ

今後の作業予定

1) Ubuntu ←→ Windows 間で使えるクラウド設定・・まずは Ubuntu one をWindows 8.1 でも使えるようにすること
2) Inkscape の導入
3) Office のインストール
4) XP からの引越し
5) 外付けHDDの設置
6) SSD の設置
 

ナノファルコンにはまってしまった!

11月20日の記事にも書いたことだが、このところすっかりラジコンヘリ=ナノファルコンにはまってしまった。なにしろ室内で飛ばせることがすばらしい!

ところが、この操縦がえらく難しい。高度のゲーム機を操作しているようだ。操縦レバーが極度にセンシティブ? いや乱暴な作りで微調整がやりにくい。

悔しいから毎日特訓。30分の充電で5分しか飛ばせない。そこで2台に増やして交代で運行。充電はコントローラーの乾電池からと、PCのUSB経由でできるようになっている。これもその都度PCを作動させるのが面倒だし、もったいない。そこでデジカメ用充電器にUSB OUTが付いていたのでこれを使用することにした。これで大変効率よくなった。

1ヶ月ほど遊んだ結果、これは高齢者の脳力トレーニング《ボケ防止》に非常に有効ではないかと思えるようになった。右手と左手で高度と旋回、前進/後進を操作する。ほんの少しでも操作を誤ると即墜落!! その難しさにおいては、まるで本物のヘリを操縦する気分?! 

20cm四方のヘリポートから飛び立たせ、そのヘリポートに着陸させることは至難の技。室内には様々な障害物がある。それを避けて飛行させなければならない。無事ヘリポートに横転しないで着陸させること、これは1日1回くらいしか成功しない。これが思うままに操れたらすばらしい。

このヘリの優れた点は、じゅうたんの上ならば、なんど墜落しても壊れないこと。よくできている。本当は体育館の中などで練習すれば操縦が身に付きやすいであろうが、下が固い床では、すぐ壊れてしまうだろう。やはり自宅室内専用機だ。

ナノファルコン、これは子どものおもちゃでもあるが、高齢者のおもちゃとして最適! わが結論である。


ヘリ_item_0000000161_04

※写真は(株)シー・シー・ピーのWebサイトから転載

 

SkyDrive on Ubuntu (作業メモ仕掛中)

下記のサイトを頼りに試行してみたが、NG!!

●http://www.maketecheasier.com/access-skydrive-from-ubuntu-desktop/

Setting up Skydrive on Ubuntu

1. First, register an account at StorageMadeEasy. There are plenty of premium packages that you can choose from, but all you really need is the free account located at the bottom of the page.

2. Once you have completed the registration and verification, log into your account and click “Manage Cloud Providers”.
sme-manage-cloud-providers.png
3. Click “Add new provider” and select “SkyDrive API” from the list.

4. Give a name to the cloud provider and authorize SkyDrive API access (you will be prompted to login to your Microsoft account).

Linux愛好者のWindows 8

気を取り直してWindows 8.1と付き合い始めた。当初はWindows 7をインストールし直すことを考えた。しかし、OSを新規に買わなくてはならない。また、PCの保証やサービスサポートなどで制約が生じる・・。などデメリットも大きい。そこで、この方針をとりやめ、”先進技術”のWindows 8.1に慣れることにした。

Linuxに入れ込んでいるうちに、Windowsのことはさっぱりわからなくなっていた。「今浦島」である。今回は64bit、上級のPCにしたので、このWindows PCでもLinuxを使ってみることにした。

雑誌付録のUbuntu 13.04で起動をかけたが、まったく読み込まない。そこで、このWin 8.1機でダウンロードしDVDを作ることにした。しかし、今度はダウンロードしたUbuntu 13.04 ISO がディスクに書き込めないのである。方法がわからない。Ubuntu、FedoraともにISOイメージのDVDへの書込はいとも簡単にできるのに。

しかし、Win 8.1では悪戦苦闘。付属の <Nero>というソフトを使うのだが、この使い方がまた不明。PC購入先のホットライン(有償)に教えてもらってやっと書込み成功!

「ソフト」が「アプリ」という呼び方に変わたことに違和感あり。またBIOSが《UEFI》に変わっていた。とにかくまごつく。そうこうしながら、めでたく64bit版Ubuntu 13.04の起動に成功した。暇を見てHDDにインストールしてみる。

大失敗! Windows 8

Linux愛好者といえどもWindows から完全離脱はできない。プリンター/スキャナー問題、他者とのやりとり、そしてFileMaker/Excelなど愛用ソフトの問題があるから。

XPが来年4月からサポートされなくなり、セキュリティが悪くなる?! やむを得ず、このたび Windows 8 に乗り換えた。定評あるE社のタワーマシンとWindows 8.1を選択し、2日前に届いた。期待感がいっぱい。

いまWindows XPで使用中のD社のタワーPCは10年経過、いたって健在。もっともHDDは何度か交換したが。同様に長期使用できる期待をもって導入したのが今回のWindows8 PC。

ところが見事に裏切られた。いわれているように、OS Windows 8 は見事に失敗作、それも大失敗作。デスクトップユーザーにとっては、とんでもないものであった。

タブレット向けに、スマホ的使い方を志向して開発されたものであろう。デスクトップユーザーにとっては何のメリットもない。ただイラつくだけ。

慣れの問題もあるだろう。しかし、こんなひどいOSに時間をかけて馴染む暇はない。Win XP のレベルで使いこなせるまでに相当な時間がかかりそう。「時はいのち」 時間を無駄使いしたくない!

Windows 8.1 を買ったのは、自分も大失敗。Windows 7 にしておけばよかった。Windows 7はノートPCである程度使えていたので、戸惑うことはない。8.1なら改善/改良されているだろうと期待したのがあさはか。

真に悔しいが、Windows 7 OS を新規購入し、これを新PCにインストールすることを考えている。費用はかかるが、Windows 8と付き合う総合的コストのほうが大きくなることは明らかだからやむを得ない。

またしてもマイクロソフトにやられた! クソ!! それにつけても Linux(Ubuntu) の利便をますます感じる。
 
歳の分だけ、Windows 95 → 98 → 2000 → ME → XP・・・とVistaを除き全部付き合ってきたが、今度のWindows 8/8.1 は最悪!!