スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3ボール・カスケード・ジャグリング(3)・・総集編

3ボール・カスケードのボールと手の動きの軌跡をできるだけ正確に、現実の動きの軌跡を作図してみた。どのような投げ上げ方をしてみてもボールは放物線を描く。

この図をよく観ると、適切な位置でボールをリリースすると着地点(キャッチングポイント)が分かる。

jagling_drawing4.png


■解説図・・試技をする時のポイント  (注)図は【橋詰 謙のホームページ】より転載

3ball_Selection_007.png

■模範演技・・動画による指導
https://www.youtube.com/watch?v=vEv_G63V-Ns
http://www.total-e.net/guide/juggling02-ball.html
http://www.juggling.jp/certification/3cascade10.html

■文章と図による解説(≒マニュアル)
http://juggling-donuts.org/juggling/kyouhonn/ball/ 「ジャグリング教本」・・最初に読むべき教本
・【橋詰 謙のホームページ
http://www2.tba.t-com.ne.jp/jugglenge/page028.html (アニメ動画付き)
http://juug.info/contents/tutorial/tutorial/ball_3.html (ステップ毎の実写動画付き)

■ジャグリング理論
https://www.youtube.com/watch?v=38rf9FLhl-8


■あひるの考察

お手本動画や説明を見ると、練習の第1ステップは必ず下図の「基本練習パターン」から始まっている。すなわち、からだの左右、腰の位置に置いた手の位置からボールを投げ上げ、反対側の手で(位置を動かさずに)受けるように示されている。

実際には、からだの内側寄りのお腹の前から投げ上げるのだから、基本練習の際も、投げるほうの手をからだの中心寄りの位置から投げ上げたほうがベターであると思い込んでいた。

しかし、その基本練習は違う! この自己流の演技よりも模範演技のほうがやっぱり正しいのだ! 遅まきながらやっと理解できた。

jagling_basic_b.png
上の図を見ると分かる。基本的な山(放物線軌道)は変わらず、左右に平行移動(※)するのが正しいカスケードの手の、ボールの動きなのだ。山の幅は等しくなければならない! そのことを左右の手に、脳に覚えこませるのが第1歩の基本練習だったのだ。
 ※手は、単なる横への平行移動ではなく、下側へ円弧を描きながらの左右への移動となる。(最上部はじめの図解のとおり)

かくして長い遍歴の後、3ボールカスケード、いや、全て?のジャグリングの基本は、1ボールの基本練習にあると確信するに至った! 目を閉じていても1ボールの投げ上げ/キャッチが連続して成功するまでに徹底的に練習することが必要である。これが凡才人あひるの結論。


 

スポンサーサイト

3ボール・カスケード・ジャグリング(2)

3ボール・カスケード・ジャグリング、きのうついに110回までできた。そして、やり方の極意にだいぶ近づいてきたと思う。

もう一度、エッセンスをまとめておく。

1) 前の記事「3ボール・カスケード・ジャグリング」に掲載したボールと手の動きの軌跡の図をしっかり頭にいれてボールを投げ/キャッチする

※軌跡の図の独自版を作成したいのだが、放物線の図が描けない。現在模索中。手の回転半径の大きさとボール頂点の位置、高さなどでミスしやすいか否かが決まるようだ。

2) 手は肘を円の中心として回転させながら投げ/キャッチする

3) 投げ上げるとき、ボールの頂点を意識して投げる(あひるの場合は肩の真上の適切な点)

4) ボールを投げ/キャッチする際、手の掌ではなく主に指の方で適切な力で掴む
   ※このほうが安定するし、試技中の修正がやりやすい → 失敗を防ぐ

5) 足は左右に開き過ぎない。片足の幅相当。からだの力を抜き、姿勢を良く保つ
  ※初心者の時期は、ある程度足を広く開いた方がやりやすい。
 


XAMPP/WordPress ローカル環境のインストール(自己メモ)

WordPress をより理解するために、自分のPC上にローカルでインストールすることにした。
参考:http://z377pier.s377.xrea.com/white_b/xplinux/x_lix/linux_xampp.html
http://w.builwing.info/2013/08/13/xampp-for-linux%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB/

1) まずXAMPP for Linuxをダウンロード
→ https://www.apachefriends.org/jp/index.html

2) XAMPPが入っているdirectoryに移動する [例] $ cd /WordPress_local

3) インストール 【出典】 https://www.apachefriends.org/faq_linux.html

Change the permissions to the installer  《※あひるの場合:  * = x64-5.6.11-1 》

chmod 755 xampp-linux-*-installer.run

Run the installer

sudo ./xampp-linux-*-installer.run

That's all. XAMPP is now installed below the /opt/lampp directory.

4) 以降は、上記【出典】サイトの指示(FAQを参照)にしたがって起動する

$ cd /opt/lampp
$ sudo ./manager-linux-x64.run

★http://localhost/security/にアクセスする

※簡単に起動するには:

$ alias xampp='sudo /opt/lampp/manager-linux-x64.run'
$ xampp



【注】 XAMPP を全削除する場合は、 /opt directory へ移り、次のコマンドを実行する

# rm -r lampp

※XAMPP は、/opt/lampp の中にインストールされているから。
 

3ボール・カスケード・ジャグリング

■3ボール・カスケード・ジャグリングにおける手とボールの動き
橋詰 謙のホームページより転載】

3ball_Selection_007.png

やっと3ボールカスケードが時々50回を超えるようになってきた。しかし、ボールの軌跡と手の動きがきたない。とても人には観てもらえない。これからはビューティフルな試技を目指そうと路線転換。理想的な動きが上記のサイトに図解されていたので転載させてもらった。(以下は枠内が転載部分。枠外はあひるの補足)

この動きをモデルとして、できるだけボールを高く上げられるように練習に努めたい。


連続キャッチを続けるためのコツ橋詰 謙のホームページより転載】

ゆっくりしたリズムでやる

初 めてやる人はとても速いテンポでやろうとする傾向があります。これは焦ってやっていることの現れなのですが、ボールの軌道が低い(小さい)ということは実 はとてもスキルフルな技なのです。したがって失敗がつきものです。最初は投げ上げを正確にできるようにできるだけゆっくりしたリズムがポイントです。リズ ムを生み出すには、膝の動きを利用するのも一つの手です。膝の屈伸や足踏みなどで一定のリズムを作ります。初めのうちはボール軌道が不安定なので、立った 姿勢でリズムを作りながらやりましょう。

★投げ上げ/キャッチのストロークを大きく! ・・投げ上げ時の手のひらの傾き加減も大切。水平か? 少し内側に傾けるか?

飛んでいるボールの頂点到達時に次のボールを投げる

初 めてやる人はどんどんボールを投げますが、動作が一定のタイミングになりがちです。投げているボールの軌道(高さや方向)はバラバラなのに、それにお構い なく次のボールを投げてしまうので、どんどんキャッチが難しい苦しい状況に陥ります。1つ前に投げられたボールが頂点に到達してから次のボールを投げれ ば、ボールの軌道も動作のリズムも安定してきます。

ボール軌道の高さを一定にする

一 旦投げ上げてしまったボールを制御することはできません。いくら動作を一定にしようと思っても、ボールの高さがバラバラなら、落下してくるタイミングもバ ラバラになり、動作のタイミングもバラバラになります。ゆっくりしたリズムで頂点の高さが同じになるようなボール軌道を連続して作れれば、連続キャッチが 楽にできるようになります。

(あひるの場合)
★リズム/方向/高さ を適時修正(微調整)しながら投げ上げること。そのためには、指寄りの手のひらでボールをキャッチし、ほどよく掴みながら投げ上げること。

★足のスタンス、立ち方(力の入れ具合/抜き具合)も大切! ・・足幅分くらい開くのが最適? 開きすぎると力が入る、姿がきれいでなくなる。

連続キャッチ数を数える

初 めのうちは何度も失敗しますが、どのくらいできたのかを数えておくと次のチャレンジの目標になります。人それぞれに集中力の度合いは違いますが、私の場合 は連続キャッチ数が30回、さらには90回を越えない時期がありましたが、これらをクリアすると記録がパッと伸びました。

定期的に時間を決めて練習する

できれば毎日、あるいは週3回とか定期的に、1回15〜30分間集中的に練習するとすぐに上手になります。余り長い時間練習しても上手くならない場合もあります。


はじめの3つが肝要!!
 

WordPress のインストール(メモ)

■5分間インストール・・下記サイトより再録
http://wpdocs.osdn.jp/WordPress_%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB

この作業手順は、インストールのような作業に慣れた人向けの簡略版です。

1) WordPress パッケージをダウンロードして、解凍

2) サーバー上に、WordPress 用のデータベースと、そのデータベースへの全アクセス権・編集権を持つ MySQL ユーザを作成

3) wp-config-sample.php ファイルの名前を wp-config.php に変更

4) 推奨テキストエディタで wp-config.php を開き、wp-config.php ファイルの編集記事の説明に従いデータベース情報と秘密鍵の値を記入

5) サーバー上の希望の場所に、WordPress ファイルを設置

●ドメインルート (http://example.com/ など) に WordPress を置きたいときは、サーバーのルートディレクトリに解凍した Wordpress の中身 (ディレクトリを自体を除く全ファイル) をアップロードします。
●ウェブサイト上の WordPress 用サブディレクトリ (http://example.com/blog/ など) に WordPress を設置したいときは、解凍した wordpress フォルダを好きなサブディレクトリ名に変更し、丸ごとサーバーのルートにアップロードします。
ヒント: FTP 転送が遅すぎるときは、手順 1: ダウンロード・解凍の FTP 作業の避け方をお読みください。

6) ブラウザで wp-admin/install.php へアクセスし、インストールスクリプトを実行

●ルートディレクトリに設置したなら: http://example.com/wp-admin/install.php
●blog というサブディレクトリに設置したなら: http://example.com/blog/wp-admin/install.php

以上です!これで WordPress はインストールされたはずです。

3ボールカスケード・・あひるの極意2

3ボールカスケードの極意、その2 -- はたして、この極意が正解かどうかは今は分からない。自分で検証したい。

その極意とは:

● 2ボールで、鏡を見ながら徹底的に練習する:

--必ず体の外側(右側/左側)でボールを受けること
--対象的な“二子山”の軌跡を描いていること
--左右の前腕が、肘を中心点として、左右対称できれいに回転していること
--全体の動作とボールの軌跡が美しいこと
 
●ボールを投げ上げる時、必ず円の接戦方向に投げる 《内側へ手をスライドさせながら投げ上げる》
--真上に投げてはいけない!
 

3ボールカスケード・・ついに50回超え!

きょう、ついに3ボールカスケードが50回を超えた! 一気に66回まで行った。ただし、一度きりであるが。これが定着し、何度も成功したら一人前といえよう。

そして、さらに3ボールカスケードのいろいろな技が身についたら、来年のかくし芸大会(どこか関係先で、もしあれば)に出演できるかも?
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。