3ボールジャグリング・・シャワー練習メモ_2

3ボールカスケードは、一応マスターできた。100キャッチは毎日できる。最高は500キャチをクリアできた。しかし、シャワーとなると、えらく難しい。

カスケードも後期高齢者になってから始め、苦心の末マスターした。シャワーもこの苦労を思い出し、必ずできると信じて練習を始めた。まだ1回もできていない。下記参考サイトを頼りに、ステップ毎に初心に帰って始めている。後期高齢者でも、必ずできることを実証したい。

●モデル
ベスト動画
http://www.kjc-web.com/contents/special/yatte/yatte/yatte-ind.php?type=ba7

●動きを覚える

シャワーでは今までよりも高く、素早く、ボールを投げなければいけません。

さらに初めての動きがいくつもあるため、しっかりとステップを踏んで練習することが大切です。

まずは1個のボールから始めましょう。

ボールを右手から左手へ、頭の高さを越えるくらいの高さで投げます。
左手は左肩の前で準備をし、落ちてくるボールを受け取ります。

そこから素早く右手へボールを投げ渡してください。
この時、なるべく手首を利かせ、ひじの位置が大きく動かないようにします。

右手でボールを受け取ったら同じように頭の上を越えるくらいの高さで左手に投げ渡します。

注意しなければいけないのは、左手から右手へボールを投げ渡す時、直接手渡しをしてはいけない、ということ。

この一連の動作を、まずボール1つでしっかりと身に付けます。
素早く、確実にできるようになるまで何度も繰りかえし練習をしてください。


●ボール二つで

次にボール二つで練習をします。
右手に1つ、左手に1つボールを持ってください。

はじめに右手のボールを1つの時と同じに、頭の上を越える高さで左手に投げ渡します。
そのボールが左手に落ちてくる前に、左手のボールを素早く右手に投げ渡します。

これでボールが交換されている状態になっていまので、再び同じ動作を繰り返します。

注意する点は、

・右手からなるべく正確に左手の位置にボールを渡すこと。
・左手から右手に投げ渡す時に手元を見ないでできるようにすること。

右手からのボールは、今まで練習したどの技よりも高く、素早く投げる必要があります。
投げるボールの軌跡が一定になるよう練習をしましょう。


●二つを素早く投げられるようにする

動きに慣れてきたら途中で動きを止めずに投げる練習をします。

素早く正確に投げられるよう練習をしてください。


●速さになれる

ボールを素早く投げ上げる練習をします。

ボールを2つ右手に持ってください。

まず1つ目のボールを今までと同じように投げ上げます。
そこから、最初のボールが左手に落ちてくる前に、素早く2つ目のボールを投げ上げます。

はじめのボールが落ちる前に投げるのが大切なポイントです。


●3つでの練習

カスケードの時もそうでしたが、ボールが2つから3つになった時、ぐっと難しくなったのではないかと思います。
シャワーも同様で、ここから難しく感じるかもしれませんが、がんばって練習を続けてください。

右手にボールを2つ、左手に1つ持ちます。

そこから、前回と同じように、右手から素早く1つめと2つ目を投げ上げ、1つ目が落ちてくる前に左手の3つ目のボールを右手に投げ渡します。

1つ目のボールが左手に落ちてきたら、右手のボールを投げ上げ、左手のボールを右手に投げ渡します。
これでボールが一巡しました。

はじめは3回、次に5回、そして10回・・・と少しずつ回数を増やせるよう練習をしてください。
これも50回や100回を目標にして練習することをおすすめします。