Fedora勉強中!(2)

このようにようやくRedhat9が使えるようになり、”さあこれから”というとき、ちょうど60日の無償サポート期間が過ぎた頃、Redhat社の無償版Redhatからの撤退が発表された。以降はFedoraCoreという名で引きつがれる?という。

せっかく有償版を購入し、ものにしようとしたのに。。。残念。嫌気がさして、まもなくturbolinux10D有償正規版に鞍替えした。

turbolinux10DはWindowsにできるだけ似せた使い勝手を標榜しているとおり、ある程度使いよかった。ただし重大な欠点がある。それは技術情報が非常に少ない。書物もほんの僅か。ユーザフォーラムがあったが、これも2年後に閉鎖され再開の見通しはなし、当事者会社のやる気を疑いたくなる?!

ということで、turbolinux10Dはあまりいじれない、トラブルがあっても解決方法がわからない。極言すれば小さく整いすぎている。Linuxの勉強には不適合、これは邪道のLinuxであると言いたくなってしまうしろものであった。我慢して3年間使用してきた。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)