文書の印刷

文書の印刷結果(出来栄え)がOSによって微妙に違う、仕上がりに差がある。Ubuntu9.04では、文字が汚い。愛用している丸ゴシックフォントだけの問題か、それとも他のフォントもそうなのか? まだ十分検証していない。

ところが同じ文書を Fedora10 で印刷すると、ほぼ完璧な出来栄え。WindowsXPの文書と比べ、あまり見劣りしない。でも残念ながら、わがプリンター(HP DeskJet-955C)では、WindowsXPに軍配が上がる。プリンタードライバーに違いがあることが、その原因らしい。

とにかく、いまはUbuntu主体にPCを使用しているので、現在の環境で次善の策=仕上がり結果を得たい。HP DeskJet-955Cを使用するときの正しい手順をメモしておく。

1.Ubuntu9.04で文書を作成し、印刷はFedora10 で実行する

2.プリンターの印刷設定:
  「拡張」--[General: Printout mode]--「Grayscale (Black ink only)」

  ※「オプション」--「白黒印刷」 の設定手順ではNG! 文字が汚くなり、また動作不良を起こす。


 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)