画期的なLinux体験!

Linux PCでは、Windowsソフト(アプリケーション)は絶対に作動しないと心得ていた。ところが、きょうWindowsのソフトが動いたのである!! 2ヶ月ほど前にUbuntuの参考書を読んだときに、WindowsのソフトをLinuxで動かせるソフトがあることを知った。

何だか怪しげであるし、面倒なこともあったのできょうまで試してみなかった。きょう暇ができたので、そのWineなるアプリケーションをインストールして、Windowsソフト=試しに「特打ち」をインストールしてみた。

ところが、起動し、ほぼまともに使えたのである。文字化けなど、一部不具合はあるが英文字部分は正しく表示されている。タッチタイプの練習が十分できる。

このように愛用していたWindowsソフトがLinuxでも使えるようになると、本当に有難い。あと数年もすれば、本当にWindowsマシンは不要になる??
 

COMMENTS

No title

>windowsの独占では
同感です。Windowsへの反発心が、いまのLinux研究のエネルギーにもなっています。

>FXなどの投資の世界
資金もないし、甲斐性もありません。以前、好奇心から「デリバティブのための偏微分方程式」とかいう本を買って読み始めたのですが、難解で途中で放り出してしまいました。

No title

linuxは以前挑戦したものの挫折して、今回Ubuntuで再挑戦です。
>Ubuntuにも よい参考書
そうですね。
私が今読んでいるのは、「Ubuntuではじめる Linuxパソコン」ですが、
書籍等増えて、linuxを使う人がもっと増えてくれると いいですね。
windowsの独占では 機能も価格も 消費者にメリットはないですからね。

>ブログ
ごらんいただきありがとうございます。
FXなどの投資の世界では、過去のデータをパソコンで分析作ったルールで、
投資をする システムトレードがはやっています。
そこで、私はパソコンや表計算ソフトやプログラムの勉強中ということです。

Re : はじめまして

拙いブログに お目をとめていただき、コメントをたまわりありがとうございます。

自作PCには、あこがれがあります。現在使用中のLinuxMania機で多少とも自作の雰囲気を味わっています。

最近は、Ubuntuにも よい参考書が出てきましたので助けられています。フォーラムも充実しているのでFedoraより こちらの方に入れ込んでいます。

ところで、saru999さんは 「FX・・・」というレベルの高いブログをお書きになっておられる方ですか?

はじめまして。

はじめまして。

数年ぶりにじさくPCを作成中です。
XPの代わりにUbuntuを入れようと、現在勉強中です。

それにしても、70歳で日々新しいことに挑戦し続ける姿は
圧巻です。
すばらしいですね。

Ubuntuの記事楽しみにしています。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)