Linux Evangelist を目指す?!

Linux、特にUbuntu 9.04 になってからは、たいへん使いやすくなった。自分の守備範囲内ではもうWindowsに依存するケースが極端に少なくなった。まず、ワープロと表計算に関しては、OpenOffice.org 3 になってからは通常の資料作成はまず大丈夫。

Web の世界ではLinuxで十分。ただし、一部のWebメールはLinuxのメーラーでは受信できない。これはFirefoxブラウザを開けば使えるので我慢している。また、Web使用上で、暗号化通信はLinuxではカバーできない場合があるのが残念。

昔々、Macが出始めの頃、現役当時の社内でPCの利用が始まった。専門家ではなく、その担当職ではなかったが、自然とPCに取り組み、部内でサポート役のようになっていた。IBMマシンや、当時の主役=PC-9800に比べて、Macの方が圧倒的に使いやすく先端を行っていた。

そこで、社内でもプライベートでも、「Mac、Mac・・」と“伝道”しまくっていた。当時のMac Evangelist のひとりと化していた。

20余年を経て、この当時を思い出す。そして、これからは「Linux、Linux・・」 「Ubuntu、Ubuntu・・」と叫んでみたい。ただし、まだ声高には叫べない。それはWineが十分使えるようになっていないから、そしてGIMPもまだ使いこなせていない。

Wine と Gimp、この二つが十分使えるようになった暁には、Linux Evangelist を自称したい。GIMPのソフトしての性能は相当のレベルにあるので、自分の習熟次第。しかし、Wine は自分の力不足は認めるが、このソフトの成長・成熟をもう少し待たねばならない。頭が働く内に、そのようなWineが出現することを切に望む!
 
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)