70にして立つ!?・・畳上の水練

きのうは、週1回の水泳の日。「伏し浮き」がどうやら実感となってきた。成功率が高くなり、きのうは4回もプールの半分=12.5mに達した。そのうち3回は頭の位置で! つぎの段階の練習目標は15m到達を目指そう。

なぜ、伏し浮きにこだわるのか? それは、昨年「大和部屋」というサイトで「伏し浮き」の重要性を教えられ、自分で体感したからである。ここ半年間はプールに行っても、距離を泳ぐより、蹴伸びと「伏し浮き」の練習に集中している。泳ぎの一番大切な要素=ストリームラインの形成(&足を浮かせる)に努めている。

自分は体が固く、これまでストリームラインはまるでダメであった。昨年夏、その重要性を再認識・確認して以来、必死になって?習得を目指している。

残念ながら水泳は、いまの自分の置かれている環境では、週1回1時間くらいしかできない。そこで自宅内でのトレーニングが欠かせない。いま毎日、文字通り畳の上で蹴伸びの姿勢の維持を練習している。また、バランスボールを使いながら、関係する筋肉のスロー筋トレと合わせて。

プールでの実地の「伏し浮き」が少しずつ改善しているのは、この畳の上の訓練のおかげと思う。≪70にして立つ≫とは少し気張ったタイトルであるが、ぜひ70代そこそこのうちに「美しく、楽に、長く泳ぐ」という自分の理想のクロールを修得したい、という願いである。そして≪80歳でも・・≫と、生かされて、歩けるうちは悠々と、体も心も健康な人生を送りたいと願う。
  

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)