Teachable Person・・当面の目標

きょうのプールで大きな収穫があった。< 伏し浮き > がプールの半分(=12.5m)を3回できたこと。両側呼吸のコツを教わったこと。< 伏し浮き > のポイントを教わったこと。

クロールに関して、当面の目標を改めて自分自身に設定した。
●両側呼吸
●伏し浮き:15m
●13ストローク/25m

きょう泳いでいたら、隣のコースに両側呼吸でスイスイ泳いでいるお兄さんがいた。小休止しているときに、両側呼吸をマスターするコツを尋ねた。親切に体験に基づいて教えてくれた。

コツは、まずひたすら挑戦するしかない。水を飲んでも諦めず。そして、苦手な側の呼吸は、最初のうちは肩を見るレベルではなく、背中を見るつもりで口(顔)を後ろに向けて呼吸をすること、だそうである。

具体的には、①で横を見て(左側)②で背中の後ろを見る、という動きをすれば、身につけやすいという。なるほど、そうすると水を飲まなくなる。最初はかっこうではなく、とりあえず呼吸をできるようにすることである。

もう一つの収穫の < 伏し浮き > のポイントは、股関節の力を抜くことを教わったことである。これは、別の年配者の女性から教わった。きれいな泳ぎと伏し浮きの上手い女性がいたので、自分のそれを見てもらった。すると、股関節に力が入り過ぎているので、力を抜くよう、指摘を受けた。

口では、「股関節の力を抜く」と言っても、簡単ではない。少しコツを教わったので、これから身につけたい。

きまった曜日と時間に、クラブのプールで練習しているので、だんだん会話を交わせる人ができてきた。上級者に教えを請うと、ワンポイントではあるが教えてくれる。これが本当に役に立つ。有難いこと。Teachable Person に徹する大切さを学んでいる。
 

 

 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)