バックハンドのポイント・・自己流理解

不思議なもので、水泳の真髄が少しずつ理解できてくると、卓球の真髄も見えてくるようだ。

長い間、迷走状態であったバックハンドのスイングのポイントが、ようやく自分流につかめてきた。それは < ラケットを振る > のではなく、< 手首(付け根の部分)を振る > のが正解ではないか。数日前の練習で、このことに気がついた。

手首を返し(動かし)過ぎると、打球が安定しない。その力加減が難しかった。しかし、手首を無理やり固定するのではなく、(手首を動さず)手首の部分を上腕の延長として、意識してそこを振ると、グリップの不自然で無駄な力が抜けて、ラケットに/ボールに効率よく力が伝わり、強いボールが打てるようだ。(手首の甲で打つ、という説明もある)

今後、この方式のスイングを心がけ、自分流にバックハンドをものにしたい。
 

 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)