スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATOK X3 for Linux: Ubuntu 10.04への 〔 much betterな?〕 インストール手順

あひる流手順(ジャストシステムによるUbuntu9.04向け手順を、自分流に編集した。)
--- Ubuntu 10.04LTS Desktop 日本語 Remix CD版 ---


1. ATOK X3 for Linux アップデートモジュールのダウンロードディレクトリを作成する。
  

$ mkdir /tmp/atokx3


  GUI:→ 「場所」ー「コンピュータ」ー「ファイルシステム」ー「tmp」
     ー(「メニュー」ー「フォルダの生成」)ー("atokx3"と名前を付ける)

2. < ATOK X3 for Linux アップデートモジュール > をダウンロードする。

3. < ATOK X3 for Linux Ubuntu 9.04(GTK+ 2.16) 対応モジュール >
 をダウンロードする。

4.ダウンロードした2個のモジュールを /tmp/atokx3 へ移動し、
  そこで(atokx3up2のみ)展開する。

$ cd /tmp/atokx3
$ sudo tar xzf ./atokx3up2.tar.gz


 GUI:→ atokx3フォルダ(ディレクトリ)内にある atokx3up2 を展開する

5. CD-ROMドライブに、ATOK X3 for LinuxのCD-ROMを入れる。
  →自動マウントされるまで待つ!(マウントポイントは/media/ATOKX3となっている)

6. デスクトップにログインしているユーザーがいれば、すべて(自分も)ログアウトする。

7. [Ctrl]+[Alt]+[F2]キーを押して仮想端末(コンソール端末)に切り替える。

8. 「root権限で実行するコマンドを、sudoで実行できるユーザー」でログインする。

9. 次のコマンドを実行して、空のファイル「/etc/gtk-2.0/gtk.immodules」を作成する。

$ export LANG=C
$ sudo touch /etc/gtk-2.0/gtk.immodules


【あひる注】以後、最後までGUIモードに戻さないこと。切り替えはトラブルのもと!

10. 次のコマンドを実行し「ATOK X3 for Linux」をインストールする。

$ cd /media/ATOKX3
$ sudo bash ./setupatok_deb.sh


 (注意)インストール実行中に、license agreement の他に、
  iiimf-******* ファイルについて、質問が出現することがある。
  このときは、"no" と答える。

11. 次のコマンドを実行し「ATOK X3 for Linux アップデートモジュール」をインストールする。

$ cd /tmp/atokx3/atokx3up2
$ sudo bash ./setupatok_up2_deb.sh



12. 次のコマンドを実行し「ATOK X3 for Linux Ubuntu 9.04(GTK+ 2.16) 対応モジュール」をインストールする。
 (ダウンロードしたファイルを展開=インストールする。)

$ cd /
$ sudo tar xzf /tmp/atokx3/atokx3gtk216.tar.gz



13. ATOK X3 for Linuxの起動設定を行うため、次のスクリプトを実行する。

$ sudo bash /opt/atokx3/sample/setting_debian4.sh



14. 次のコマンドを実行し、 ATOK X3 for LinuxのCD-ROMを取り出す。

$ cd
$ sudo eject /media/ATOKX3


15. ログアウトする。

$ exit


16. [Ctrl]+[Alt]+[F7]キーを押す。
  デスクトップログインの画面に戻る。
【あひる注】画面が戻らないときは、[Ctrl]+[Alt]+[F8]キーを押す。

17. 任意のユーザーで新しくログインする。
  ATOKが使える。
 
 
【蛇足】
以上の手順を、忠実に実行すれば、あっけないほどアトは何もしないで、ATOK X3 が使えます。当初は、自分流で少し横着したのが遠回りのもと、手間取りました。遠回りしても、結果的に成功したので少し自信はつきましたが・・。

わたしの遠回り/間違いを教えてくれたのが、goodluc_luckyさんでした。最初のインストールでは、Mac時代から身についていたGUI操作、すなわち、小ウインドウ(Finder)を開いて、クリックで操作をする手順を勝手に採用していました。これはGUNOMEエラーを引き起こす可能性があるそうです。

今回は、致命的なエラーは起きなかったものの、インストール後に、「SCIM入力メソッドの設定」や「言語サポート」の設定/確認が必要だったのも、このせいかも知れません。

上記の、あひる流の改善(?)手順を検証するために、別の外付けHDDに新たに実験用の「Ubuntu 10.04LTS Desktop 日本語 Remix CD版」をインストールし、そこに ATOK X3 for Linux をインストールして動作確認をしました。※動作環境が違うこともありますので、自己責任でお試しください。

以前、Ubuntu 7.04にATOK X3 for Linuxをインストールしたのですが、そのときの手順をすっかり忘れ、今回も全く初めてというような感じでした。今後も、Ubuntuのクリーンインストールは、何度もあるので、そのために今度はきっちりと検証し(いろいろな手順で10回くらいインストールを試行)、結果をまとめた次第です。

Ubuntuといえども、ネット経由によるアップグレードには危険が伴いますし、それに所要時間が長すぎる(3H~)ので、今後もクリーンインストール主義で行くつもりです。急がば回れ!
 

 

 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。