nVidiaドライバーのインストール・・実行・成功編

やっと、Fedora13にnVidiaドライバーがインストールできた。

前編の手順に以下の<九州大学による>操作を加えて再試行したところ、無事インストールでき、3Dアクセラレータも作動している模様。

●事前準備

# yum check-update
# yum update


インストール(修正手順)
1) PCI ID の取得
# /sbin/lspci -nn | grep 'nVidia'

2) RPM レポジトリ設定ファイルの取得
# rpm -ivh http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-stable.noarch.rpm
# rpm -ivh http://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/rpmfusion-nonfree-release-stable.noarch.rpm


3) Fedora カーネル・モジュールの取得
# yum install kmod-nvidia

(注)指導サイトには、さらにakmod-nvidia の取得 <# yum install akmod-nvidia >が指示されているが、これは実行できなかった。

nVidiaドライバーインストール結果の得失:
○3D画像が表示できる
○画面の文字表示が若干クリアになった??
×起動に時間がかかる
×起動画面が旧版のタイプ=横バーが伸びていく図式で、Fedora13の中央の丸形が満ちていく図式が表示されなくなった。これが気に入っていたのに・・

というような結果で、nVidiaドライバー導入のメリットは実質無きに等しく、損失のほうが大きい。次回のクリーンインストールの際は、導入を見送るつもり。今回は、可能な機能はとにかく試行して確認してみたいのと、Linuxの学びのため挑戦してみた。




COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)