Linuxのお勉強

わがLinux(Fefora7)も大分進んで来た。つまづいていたlivna製のグラフィック・ドライバーのインストールも目出度く成功した。

これで、どうにか有償(マシンを含めて)のLinuxManiaブランドによるFedora7の領域と同じ土俵に立てるようになったと思える。(まだ頭が高い!) 自分で苦労を重ねると、Soso社のLinux(Fedora7)は実によくできている。マシンも文句ははない。

では、有償版のturbolinuxFUJIとは何なのだろう? 3年前に有償正規版turbolinux10Dを導入した。そして今回はFUJI。turboとつき合っていた過去3年間は、たとえれば鎖国状態にあったような感じ。何か新しいことを導入するとトラブる事が多いのは当然だが、この場合の解決方法を見つけることが非常に困難。サポートは最初の60日間を過ぎると一切なし。ユーザーフォーラムは現在も(1年以上も前から?)閉鎖したまま。情けない。初心者/未熟者には怖くてturboはいじれなくなくなった。これではturboが普及するのは無理というもの。

これまでturboファンとしてつき合って来たが、そろそろ決別の時か?!
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)