スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同業他社から学ぶ?

Fedora 13のカストマイズは、自分に必要な範囲ではおおかたやり尽くしてしまった。できないことはできない。それも分かってきた。

同業他社から学ぶ、というと少し大げさだが、Ubuntuから離れ、久しぶりにFedoraに集中してきたことによって、Ubuntuのよさ、Fedoraのよさが少し分かってきた。また、なんとなくWindowsのほうもいじりやすくなってきた感がある。

時間と少しばかりのお金をかけたおかげで、さまざまな実験ができる環境が整ってきた。何かやって、そのためシステムに動きがとれなくなり、日常の実用的な作業ができなくなり難儀してしまう環境では冒険ができない。

以前は、そうであった。しかし、いまや多少の冒険はできるようになったので、各OSに対する理解も、ほんの少しではあるが深まってきた。有難いこと。
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。