wmv動画がFedora13で再生できた!・・Tips for Fedora 13

ついに、越えられなかった壁が越えられた。きょうのことだ。Fedora 13 では、codecに関する著作権/ライセンスの問題で、一部のwmv配信しか再生できないことと諦めていた。

Ubuntuで活用している水泳の動画サイトがある。これでクロールのお手本をこと細かくチェックできる。ところが、Fedora 13ではこのサイトが観られないのである。

Screenshot-wmv_codec1.png

この "Windows Media Video 9 デコーダーとAudio デコーダー"が、どうしても導入できなかったのである。

ところがである。今朝ほど、別のサイトからwmv動画を受信中に、問題の水泳サイトを開いてしつっこく受信を試みた。いつもと変わらず、上記ウインドウが表示されたのでダメ元でクリックしてみた。すると、このパッケージの受信が始まり、結果として水泳の動画の再生が始まったのである!

信じられないこと。これまで何度もトライしできなかった。コーデックの問題、と突き放されていたのに。なぜ、きょうパッケージが導入できたか??? たまたまの偶然か?! ただ、いつもと違う手順は、他の正常に再生できるwmv動画を受信中に、このパッケージの導入をしたことしか考えられない。同時受信/再生により、それまで通らなかった“パス”が通ったのか??

少し先になるが、Fedora 14にクリーンインストールで乗り換えるときに再確認してみよう。とにかく、いまは正常に再生できている。感謝!!
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)