gFTPのインストール

理由(わけ)あって、Fedra7を再インストールした。そうしたら、gFTPのインストール方法を忘れてしまって、1時間ほど苦闘した。

気がついたこと。それは今後のFedoraのバージョンアップに備えておかなければならない、あらゆることに対して。。。「プログラム、一年経てば。。。」という以前聞いた川柳を思い出した。自分で組んだプログラムでも1年も経つと内容を忘れてしまって苦労をする、という意味合いのことだった。

70歳に近づきつつある自分は、プログラムはおろか3日前にやった手順=gFTPのインストールのやり方を忘れてしまっていた。愕然!

そこでFedoraの手入れ(チューンアップとでも言えばよいのか?)のやり方を自分自身に分かるように記録しておく必要がある。とにかくFedoraは半年毎に新バージョンになるようだから。その度に、オタオタしたくない。備えあれば憂いなし自分のPCに記録しておくよりも、こうしてブログに残しておくほうが安全で利用しやすい。PCはダウンもあるし、バージョンアップ時の事故も恐ろしい。

では、前置きはこれくらいにして、GFTPのインストール方法:

1) gFTPファイルをダウンロードする。これはGoogle検索で公式サイトがすぐ見つかる。
2)ターミナル上で # yum install gcc を実行して、gccファイルなるものを導入しておく
3) ダウンロードしたgFTPファイルのあるディレクトリに移る。ファイルは解凍しておく。この作業はGUIでやった方が分かりやすく簡単。
4) ターミナル上でコマンド実行。以下の順序
$ ./configure
$ make
$ su
# make install


以上で無事完了する。
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)