伏し浮き・・1年経過

<伏し浮き>ということを初めて知り、その重要性に気づき、練習を始めてから1年経った。最初の数か月で、時々プールの半分12.5m行けるようになったが、そのときの伏し浮きは本物ではなかった。

私淑する伏し浮き元祖、大和部屋高橋先生でも、マスターするまで5年かかったとある。ましてや、運動音痴の者にとっては、じっくり構えて本質の修得を目指さなければならない。

伏し浮きを実際にするときの留意するポイントはいくつかあり、それはもう頭の中にいつも入っているつもり。でも、実際やっているとき、その中のあるポイントが抜けてしまう。

きのうの練習を思い出しながら、つくづく思う。重要ポイントをおさえることは、必須であり大切だが、もう一つある。伏し浮きに入る前の準備が大切だ、ということが最近身にしみて分かってきた。

泳がない日も、日頃の鍛錬・・
1) 腹筋のトレーニング・・筋トレは少しでもサボると筋力が弱くなる
2) 常に重心移動の姿勢と歩行・・昔の武芸者の身の備え、動きと通じるよう?
3) 手足のストレッチ・・特に、肩・腕の前方伸ばし。両腕で耳を挟めるようになったが、この状態で直立したままで、肩と手が後ろの壁にぴったりつかない。これができるようになりたい。

(プールの中では)
4) キック練習を含め、ある程度泳いで体をほぐす
5) くらげ浮きと、そのまま手足を伸ばして浮く練習を充分やり、手足の脱力感と尻を含め、それらを浮かせる感覚を体に覚えさせる。
 

COMMENTS

No title

いつも拙ブログをお目に留めくださり有り難うございます。2年ほど前まで、私たちのクラブに、70代半ばの水泳の達人がいました。我々のお手本であり、「高齢者の星」のような存在でした。

ところが、その人が病に倒れたので今はお手本が身じかにいなくなりなりました。rockyさんとは、レベル差がありすぎて、とうていお手本にはなりませんが、少しでも視界に入ってくるように励みます。

No title

こんにちは 私は未だ伏し浮き初めて間がないので なかなか 思うようにはいきません しかし あひるさんが書いておられるように 直ぐに ものになるとは思っていないので 継続しています、

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)