スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラバー&ラケットの選び方ソフト

久しぶりにきょうは卓球のこと。数日前、ラバーを貼り替えた。

3年ほど前に今のラケット=TSPバルサプラス・オールラウンドに換えて以来、ラバーはフォア側はJUICのNanocannon(裏ソフト)、バック側はTSPのT-REX(裏ソフト)を使ってきた。

今回はり替えの際、特に問題を感じたわけではないが、もっと良いものがあるのでは?と期待しショップの奨めによりフォア側をYASAKAのXTENDにしてみた。

はじめての打球感はOK! まず打球音がいい。打球やプレーに効果があるわけではないが、あひるのような低レベルで楽しんでいる者にとっては好ましい。回転もかかるようだ。打ち難くかったナックルボールに対しても具合がよい。


ところで、一人前にいろいろラバーの名や種類を挙げたが、選び方はあまり分からない。卓球ショップに聞いてみることが多い。

そこで一つの迷想:ラケット、ラバーの総合的なデータベースを作り、戦法・スイングの早さ/強さ/特徴など、そして予算を入力すると、そのプレイヤーに最適の組み合わせのラケット/ラバーの候補が表示されるようなコンピュータ・ソフトを業界をあげて作ってほしい。

ラケットとラバーの相性もあるし、プレースタイル、戦法や技術のレベル、体力、スイングの形などパラーメータは非常に多く、素人卓球レベルでは最適の用具を選ぶのは、まずできていないと言えるだろう。

ラケットやラバーの性能・特徴は、各メーカーの企業努力などにより大分整理され、データ表示かされ判定しやすくなっている。ところがその組み合わせになると、とたんに分からなくなる。

また、スイングのフォーム(ラケットの軌跡・動き)、力、スピードによっても違ってくる。でも、ゲーム機に導入されている動かして使うリモコン(端末)の仕組みなどを発展・応用すれば、この点も自動入力や計測・データベース化が可能になるのではないか。

このシステムが出来上がった場合の使い方:
センサー付き測定用ラケットを持ち、コンピュータの前でスイング(シャドウプレイ)すると、たちどころに最適のラケットとラバーの候補が出てくる。または、ラバーorラケットのどちらか一方を入力し、スイングすると最適の相方(ラケットorラバー)が表示される。

卓球ほど勝敗が用具に影響されるスポーツは他にないと言われる。ぜひ、業界を挙げて取り組んでほしい。〈あひるの迷想・妄想〉
 
 
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。