スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu 10.04LTS でWineを使ってみた

Ubuntu10.04にしてから、初めてWineを使ってみた。

と言うのは、唯一のWindows版のまともなCDソフトがインストールできなかったからである。それはWindows95用「特打」である。Ubuntu9.04までは「特打」がCDからインストールできたように記憶しているが、Ubuntu10.04になったからインストールできなくなった。

GUIモードでは、特打CD内の"setup.exe"をどう開いてもインストールできなくなっていた。ところが、きょう偶然にも開き方を明示したサイトを見つけたのである。

$ cd /media/disk/setup
$ wine setup.exe


このコマンドでインストールはとにかくできた。

ところが、「アプリケーション」―「Wine」―「Programs」―「Accessories」の中に「特打」が登録されていない! 大変古い「特打」なので どこかに不都合があるのであろう。

やむなく、「アプリケーション」―「Wine」―「Browse C:Drive」
―「Program Files」―「特打」―「STARTUP.EXE」とたどりつき、右クリックで「Wine Windows Program Loader」で開くと、プログラムが起動した!

ただし、表示された画面は文字化けだらけ・・。うんざり。でも、なつかしい「バキューン」の音と画面は表示される。
 

COMMENTS

No title

コメントありがとうございます。教えていただいた通りに解決策を探してみます。結果は後日に。。。

余計なお世話かもしれませんが (ry

IPA フォント または、 winetricks でググると文字化けの解決方法が見つかるかもしれないです。 だたし、ソフトとの相性もありますけど。。。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。