スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伏し浮き vs 背浮き

伏し浮きは奥が深い。マスターしたかと思うと、次の週はそれほど上手くはいかない。何かさらなる練習は? と考えていたとき、数週間ほど前にテレビで水難事故対策としての背浮きの重要性が解説された。

ならば自分も・・。水難の際にも有効となるだろうが、当面の事として<伏し浮き>の改善にも役立つのではないか。伏して浮くばかりが能じゃない。背浮きを身につけることが、<伏し浮き>の向上にも有効ではないかと思いが来た。

そこで先週から、伏し浮きの合間に背浮きの練習もはじめた。そして、きのう背浮きの感覚が瞬間的に掴めた。次の時に忘れているかも? その時はまた最初から・・。
 

 

COMMENTS

蹴伸び

蹴伸びで20メーター行く人があると、とインターネットに出ているのを見たことがあります。
わたしは、これから練習して少しでも距離を伸ばしたいと思っています

伏し浮き/背浮き

まったく同感ですね。私も伏し浮き15mを目標にしています。ときたまプールの流れに乗り14m行くときがあります。これが逆方向で15m行ければ本物になった時です。

ただ残念ながら水泳のセンスと能力がないせいか、伏し浮きとクロールが直結せず、25m限定でも自分の目標≪13ストローク/25m≫になかなか近づけません。先日必死になって、やっと1回だけ15ストロークになった次第です。あわてず、あせらず、あきらめずです。

ただ3年前は、ストリームラインの形成も十分ではなく両腕を伸ばしたとき、両耳が挟めなかったのに、いまは両手を合わせてどうにか耳が挟める状態までに肩の固さがとれてきました。これが頼りです。

そこで気分転換を兼ねて、(バサロキックなしで)背浮き15mに挑戦しようと考えています。背浮きは呼吸の心配がないので達成可能かも?と期待しています。背浮きも重心や腹部の力の入れ具合など、伏し浮きと通じるところがあるように感じます。

ところで鈴木大地金メタリストは、伏し浮きで25m到達したと、どこかのサイトにありました。本当の伏し浮きか、背浮きか、ご存知でしたらお知らせいただければ幸いです。

伏し浮き

最近何とか12.5メートル越すことが時たま有ります、常時越して15メーターまで
行くのが夢ですが矢張り伏し浮きは水泳の基本ですね。
 最近 気にして25をユックリと泳ぐときは13ストロークで行けるようになりました。 
その時の基準は壁を蹴り5メターラインで水中を1かき浮上 これからストロークを始めます。私の目標はユックリ泳ぐときは12ストロークで泳げるようにです。

 これはやはり伏し浮きの進化が前提になるのではと思っています。 綺麗なストリームラインが出来るのを夢見ています

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。