スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu vs Fedora

Fedoraも、Fedora13になってから使い勝手がずぶん向上した。Ubuntu10.04との違い/違和感の差がぐっと縮まった。

いまは気分により、アプリケーションにより、適宜切り替えて両者を使っている。2つのOS間で違いは少しはある。定量的評価はできないが、あひるの定性的評価を挙げるとすれば・・・

●起動時間は、やはりUbuntu10.04のほうがずっと早い。感覚的には2倍以上の差がある。
●新規アプリケーションの導入も、Ubuntu10.04のほうがやりやすい。
●ワークスペースの移動は、Ubuntu10.04のほうがいい。タスクバー上のワークスペースのアイコンをドラッグすれば、そのアプリケーションを開いたまま隣の別のワークスペースに移動できる。これが意外と便利である。
●ブラウザのフォント表示は、Ubuntu10.04の方が綺麗に見える。Fedora13では指定フォントが合致しない場合、代替フォントが汚い。これは英語サイトのフォントでも同様の傾向がある。

これらの事以外には差を体感しない。ただし、あひるのレベルでの話である。高度な作業をすればFedora13の利点が生かせるようだが、まだその局面に至っていない。
 

 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。