卓球続けて痴呆予防も

いま「100歳時代がやってくる!−−すこやか長寿学」(産経新聞社)という本を読んでいる。

この中に、うれしいことが書いてある。「運動で脳を活性化」という章があり、そのサブタイトルに「脳内血流が増えた−−卓球続けて痴呆予防も」とある。 書き出しを引用

 運動は体だけでなく、頭にもよい。そんな効果が卓球で実証されている。大分市内の病院では、リハビリテーションに卓球を導入、脳梗塞や痴呆患者の脳の活性化で成果を出している。適度に卓球をすると、脳内血流が増え、継続的に行えば痴呆予防にもなるという。


 いろいろと卓球の効果の実証が記されている。そして、この病院の院長は、「運動の中でも卓球が治療に適しているといい、

「両足でバランスを取る動きが小脳、ラケットを振る動きが前頭葉、球の動きを目で追う動作が中脳をそれぞれ刺激する」


といっている。これで晴れて卓球に打ち込める。
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)