スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Emacsをはじめて使う

HTMLファイルをGeditで開くことができず、修正・更新ができないので困っていた。調べているうちに、EmacsがSift_JISにも対応している、ということが分かった。

早速インストール。これで我がHTMLファイルを開くと、やれ嬉しや、Windowsで作成したファイルの日本語部分が文字化けせず表示されているではないか! これからEmacsの操作方法を覚えなければならず、複雑であり少々面倒くさい。しかし、これを使えばとにかくHTMLファイルの修正/更新ができる。

これでひとまず問題解決。でも、Bluefishのほうがエディターとして使いやすいので、これで正しく日本語表示ができないものか。

なお、EmacsはUbuntu10.04とFedora13の双方にインストールしたが、Ubuntu版のほうが使いやすい。
 

 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。