スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WordPressを3.0.1にバージョンアップした

"The update cannot be installed because WordPress 3.0.1 requires MySQL version 4.1.2 or higher. You are running version 4.0.27."

WordPressを3.01に自動アップデートしようとしたら、このメッセージが出現。あひるもあせった。MySQLのバージョンアップは相当面倒くさそう。滅多に関わらないことだから。でも、バージョンアップしないわけにはいかない。せっかく有料サーバーを使っているのだから、このまま放置したのではもったいない。問題は進歩へのステップ!”

と気を取り直して、MySQLのバージョンアップとWordPressのバージョンアップに取りかかる。まずは、いつものとおり準備作業・・手順の再構築/確認から開始。

さくらインターネット:
・コントロールパネル・・https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/

参考サイト:
出典1[基本マニュアル]・・http://bamboostudio.tank.jp/archives/1692
出典2[補足マニュアル]・・http://blogging.from.tv/wp/2010/01/10/3223

[1] 要約手順

   [さくらインターネットのコントロールパネル上で操作]
1. 現データベース(MySQL 4.0)のエクスポート
2. 現データベース(MySQL 4.0)の削除
3. 新データベース(MySQL 5.1)の新規作成
4. 現データをインポート=ダウンロード済みのデータベースをアップロード(★要注意事項あり)

   [WordPress側で]
5. wp-config.php ファイルの更新(一部 書き換え)


[2] 詳細手順

上記の[基本マニュアル]Blogに図入りで詳しく説明されている。以下はあひる用の再録メモ。

【1】 現データベースをダウンロード: 《最重要手順》

さくらインターネット「コントロールパネル」 > ログイン
> 「データベースの設定」 > 「管理ツールログイン」>《phpMyAdmin》にログイン

★ログイン時に「言語-Langage」が「日本語 – Japanese (utf-8)」になっていることを確認する。OKならば、データベース名/パスワードを入力する。

>「実行」>・・MyAdminの画面に替わる >「エクスポート」

1) エクスポート枠内のデータベース内テーブルを「全選択
2) 「SQL」ラジオボタンが オン
3) 「構造」にチェック
    3-1) 「DROP TABLEを追加」にチェック
    3-2) 「AUTO_INCREMENT 値を追加する」にチェック
    3-3) 「テーブル名やフィールド名を逆クォートで囲む」にチェック
4) 「データ」にチェック
    4-1) 「完全な INSERT 文を作成する」にチェック
    4-2) 「長い INSERT 文を作成する」にチェック
    4-3) 「BLOBに16新数表記を利用する」にチェック
5) 「ファイルに保存する」にチェック

緑文字は特に確認が必要な項目。中には、チェックの必要がないものもあるかもしれないが、上記の状態で書き出して問題ない。

「実行」をクリックすると「データベース名.sql」ファイルがダウンロードされる。

★ステップ【4】を実行する前に、次の対処が必須!

エクスポートしたsqlファイルを編集

・ テキストエディタでエクスポートしたsqlファイルをUTF-8で開く。
CREATE DATABASE `xxxx`; がそのままだとインポート時にエラーが発生するので、「--」を行頭につけてコメントアウト。

-- CREATE DATABASE `xxxx`;

[出典:http://www.inoran.com/archives/2010/0404_2145.php]

【2】 現データベースを削除する

削除したら、もう戻せない! 現データベースをダウンロードしたデータ内容をエディタで再度確認しておく。

【3】 新データベース(SQL5.1)の作成

パスワードを入れ、送信するだけの作業。("mySQLxxx"のxxxの数字をメモしておくこと)

【4】[新データベース(SQL5.1)から見て] 現データベースをインポート=ダウンロード済みのデータベースをアップロードする。

★要注意:ダウンロードした現SQLを【1】の囲み記述のとおり修正しておかないと、ここでエラーとなり、つまづく! 何度も《データベースの削除》と「インポート」を繰り返しても、"xxxxxxx exists"(xxxxxxは、あひるの現データベース名)と告げるエラーメッセージが表示されて、先にダウンロードしたSQLファイルをインポートしてくれない。

さくらの《データベースの削除》は、現(元)データベース名までは削除してくれないのか、または新データベースを作成したときに、現(元)データベース名が自動登録されてしまうようだ(当然といえば当然のこと)。検索しまくって、上記の答え=【1】の囲み記事を見つけた。これで無事トラブル解決!

※今回参考にした上記[基本マニュアル]Blogには、この大事なことが記載されていない。記事記載の後で、さくらインターネット側で何らかの変更があったのか???

【5】 wp-config.php ファイルの更新(一部 書き換え)
インポートが完了したら、WordPress の wp-config.php ファイル内のデータベース設定を変更する。(gFTPでダウンロードして編集する)

define(‘DB_HOST’, ‘mysql???.db.sakura.ne.jp’);

上記の?部分を新しい DB のホストアドレスに変更する。

パスワードも変更した場合は、

define(‘DB_PASSWORD’, ‘???‘);

上記?部分を新しいものに変更する。

更新が完了したらアップロード。これで新データベースからブログデータを取得するようになる。

以上でデータベースの移行は完了。

これでWordPress 3.0.1 へアップグレードすることができた。


◎懇切丁寧な参考サイトのおかげで、無事アップグレードできたことは感謝! また、この一連の作業をLinux(Fedora13)だけでできたことも、Windows離れの自信が少しついた。また少し前にテキストエディタGeanyをインストールしておいたことが大いに役立った。
 
特に今回のように、あちこちのサイト/ページを切替え、参照しながらの作業になると、Linuxのワークスペースの有難さがつくづくわかる。3つも4つも切替えて使えるのだから。この作業をWindowsでするとすれば、かなりかったるい。
 

COMMENTS

No title

コメントありがとうございます。無事バージョンアップが成功されたこと、お喜び致します。こちらのブログが少しでもお役にたてたのなら嬉しく思います。

これから貴ブログ拝見させていただきます。

お礼とお詫び

初めまして。MySQLのバージョンアップ作業で、こちらの情報を参考にさせていただきました。70歳でLinuxに挑戦されていると知り、慣れぬデータベースの移行作業で尻込みしていたのを反省し、今夜、移行作業を敢行し、ともかく無事完了しました。

ということで御礼に参上しましたが、拙ブログからのTrackbackが4回も送られてしまい、申し訳ありません。お手数ですが、ダブったものを削除していただければ幸いです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

データベース移行完了しました!!

SAKURA Internet での MySQL 4 → 5 への移行作業はとりあえず完了しました。ヘ(^o^)/ ダウンロードしたデータベースは 43.3MB。案の定、phpMyAdminではインポートできませんでした。そこで、かねて用意の BigDump を使ってみたのですが、またもやエラー発生…。一時は完?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。