"filesysytem.squashfs failed"・・Ubuntu10.10のインストールで初体験!


Screenshot_uhm.png


"・・filesysytem.squashfs failed・・" ??? 全くインストールできない! きのうUbuntu10.10日本語Lemix版をクリーンインストールしたときに、長い長い我がPC生活で初めて遭遇したエラー。何だ? 一瞬頭が真っ白というと大げさだが理由が分からない。

"squashfs" 初めて目にした用語。その後の調べで分かった。これまでに遭遇する可能性のあったエラー。それがUbuntu10.10のインストール時に初めて発生した。Ubuntu10.10という高度なOSに関係があるエラーか? しばしビビってしまった。

ダウンロード時のエラーか? それともOSのミラーサイトのエラーか? isoファイルからの書き込み時のエラーか? いろいろ推測し、ミラーサイトを5ヶ所も変えてダウンロードした。そしてLiveCDを作成。でも、何回トライしても同じエラー。はてまた我がLinux専用PCの不具合か? 日本語化の問題か?などさえ疑ってしまった。

検索で根気よくチェックしたら、Ubuntu日本語フォーラムに答えが見つかった。Ubuntu9.10でこの問題に遭遇した人が投稿していた。助かった! これはisoファイルからの書き込み時のエラーとのこと。DVD/CDドライブの書き込みスピードにCD-Rが対応していなかったらしい。

そこで、書き込みスピードを48倍速の半分くらいに落としてLiveCDを焼く。今度はOK!! やれ手間取った。これでクリーン・インストールを実行。あっけないくらい簡単に終わる。これからカストマイズの開始・・ぼちぼち。マルチブートで使っている現在のUbuntu10.04に不足はないので慌てることはない。

補足:Ubuntu8.04以来そしてFedora11以来、いつも同じ方法でダウンロード版からインストールを実行していたが、このトラブルは一度も起きていない。このところ書き込みスピードなど気にしたことはなかった。今回一つ知恵がついた。
 
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)