スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カット打ち・・メモ

カット打ちがなかなかうまくできない。初心にもどっておさらい。

●ボールの内側を打つ。ボールの回転軸を外して打球
 利点: 打ちやすい。あひるのレベルでもできる
 欠点: 打球が相手の打球コースと逆側に行かざるを得ない。フォアからフォア側へ来たカットボールをこの打ち方でフォア側へ返球するのは理論的にもムリ。入射角と反射角の問題。

●カットボールの回転よりも早い回転で打ち返す・・ループドライブなど
 利点: エラーが少ない
 欠点: 年配者にはムリ。腰・腕・手首などの回転(スイング/スナップ)スピードを上げて打球するのであるが、年配者には体力的にムリである。

●着地目標を(ドラブボールより)遠くに定めて打つ・・面を上に向けて打つ
 利点: 比較的やさしい
 欠点: エラーが多い。強力なボールを返球できない。

年寄りに適したカット打ちの良い方法があったら、誰か御教授願いたい。


■以下の解説が「卓球技術」にあった。

・卓球技術・・・カット打ち、ツッツキ打ちのひとつ、角打ち

下回転のボールに対して攻撃していく卓球技術です。
ミート打ちとも言います。

やり方は、まずラケット面は、
少し垂直より上向きに構えます。
それから、バックスイングはあまり取らず、
ラケット面をかぶせながらはじくようにして打ちます。
ドライブに比べ打球が、、直線的になるので、
打球点は、なるべく頂点付近がいいでしょう。
打球の瞬間にかぶせるのが、ポイントです。
タイミングがずれるとオーバーしたりネット
したりするので、
最初は難しいですが、
なれれば結構簡単にできるようになる卓球技術です。
 


COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。