Ubuntu 11.10 インストール

Ubuntu 11.10のインストールが、難産の末無事なんとか成功した。

現在、愛用しているUbuntu 11.04と比べて何が勝れているいるのか? よく分からないが、“そこにニューバージョンがあるから”挑戦してみた。


インストール作業は、最初からつまづきの連続であった。後日のためのメモを記しておく。

1) オリジナル版のUbuntu 11.10 をダウンロードして、CDに書き込むところからトラブル。イメージでしか書き込めない状態。Ubuntu 11.04でダウンロードしたUbuntu 11.10イメージファイルを右クリックして書き込みアプリを起動し、「内容を書き込む」をクリックすると、書き込みアプリが消えてしまう。「内容を書き込む」が実行できないのである。

やむなく、安定稼働しているFedora 13を使って、Ubuntu 11.10 OS のCD版を作成した。

2) インストール過程における選択チェックで:
   □ インストール中に アップデートをダウンロードする
   □ サードパーティのソフトウエアをインストールする
を選択してインストールした。

すると、インストールは最後まで行くのだか、終了直後の「再起動」をすると、画面が立ち上がらないのである。縦縞模様が画面一杯に表示されてフリーズしてしまう。

3) そこで
   □ インストール中に アップデートをダウンロードする
   □ サードパーティのソフトウエアをインストールする
上の2つのチェックを外してインストールしてみた。

すると今度は「再起動」も無事通過し、インストールが完了した。

4) 起動した画面をしばしチェックしてみた。すると、日本語表示のフォントが大変お粗末で醜い。とても耐えられない。やむなく、初心に戻って見ばえのよい英語表記のままで行くことにした。

5) ということで、再びインストールやり直し。今度は "English" を選択。無事インストールに成功した。


ところが、このままでは日本語がいっさい入力できない。検索もできないから、これでは使い物にならない。

6) 「System Setting」--「Language Support」--「Language」--「Install/Remove Language」--「日本語」を追加する。

★このとき、各Languageが表示されている小ウインドウ<Language Support>で、日本語を最上位にドラッグして移動すると、システム表示言語がすべて日本語になる。「日本語」を最上位に移動しないで、元の「English」のままにしておく。

そうすると、システム表示は英語のままで、「半角/全角」キーにより、検索やエディタ、ワードにおいて入力時のみ英語/日本語の切り替えができる。

※インストール時に「日本語」を選択しても、美しい日本語表示に設定し直す方法があるのかも知れないが、その方法が未だ分からないので、上記の方法でいまは納得している。
 




COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)