Ubuntu 12.04 の御利益

当初、Ubuntuを使い始めた頃は、自分が使っているキャノンプリンタMP950はLinuxでは使えなかった。対応するドライバがない。その後も、対応ドライバをキャノンのサポートサイトでチェックしていたが、MP950はLinux対象機にはなっていない。きょう現在もそうである。

ところが、きょうUbuntu 12.04で、Inkscapeで制作したPDFファイルを印刷してみたら、一応印刷できる。完全ではない。カラーの色調が原本とは違ってしまうのが難点。そこで、写真を印刷してみた。

一応印刷はできる。問題は、
・やはり色調が違ってしまう。color設定が4通りある。RGBcolor, CMYcolor, CMYK, KCMY の設定がある。この中で、どれも原画の色調とかなり違っているが。どこかの設定を調整すれば、Windows並の写真印刷ができるのか??

・いまひとつの難点は、印画紙のサイズに対して、実写部が小さく縮小されてしまう。この補正方法が分からない。

それでも、Linuxではまったく使用できないと諦めていたキャノンMP950が曲がりなりではあるが、やっとUbuntuで使えるようになってきたのである。有難い。
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)