スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利なデジカメDSC-TX300V

数か月前にS社のDSC-TX300Vのデジカメを買った。

●水中撮影もできるというので飛びついた。しかし、期待に反して実際は事後の手入れが非常に面倒なので、一度も水中では使用していない。

●一つ便利な機能があり、Ubuntu12.04でもそのまま機能する。それは、カメラとPCを接続しなくても、また記録メディアを介さなくともデータの転送がいとも簡単にできるのである。

PCにUSB接続された<マルチステーション>という充電器も兼ねている台の上にカメラを置くと、そのままPC側で一つのファイルとしてデータを認識でき、転送できるのである。カメラ側の操作は何もいらない。

これはWindows用の機能で付属の専用ソフトをインストールして使うようになっている。幸いなことに、Ubuntuでは何ら特別なソフトをインストールすることなく、このデータ転送機能が動作する。有難い。

●だから常時この<マルチステーション>をPCにつないでおけば、いつでもカメラを置くだけで撮影した画像を読み取れるのでとても重宝している。なお、我がマルチステーションはUSBのON/OFFスイッチを介してPCと接続するようにした。節電?と機器保護のためである。
 

 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。