ついにWindows2000も完全にOK

 とうとうWindows2000もネット接続OKとなった。すこし無駄な出費をしてしまったが、これも授業料と思い諦めた。

 わがマルチブートシステムのPC本体のマザーボードにWindows2000用のドライバーが存在しないことが判明し、やむなくLANボードを増設した。このドライバーをインストールしたところ無事ネット接続が使えるようになった。

 この結果を、念のためPC本体を購入したLinuxManiaに連絡したところ、マザーボードに搭載されているLANチップセットにWindows2000用の汎用ドライバがあることを知らせてくれた。早速ダウンロードし、インストールしたところ無事、増設LANボードを使わないでネット接続が可能となった。有難いことだ。

 次は、いよいよATOK3 for Linux を導入するつもりである。これが実現すると、turbolinux は完全に無用となる。Windowsですら、スキャナー/プリンタを除くと、もういらない。ただし、これらを除けないことが最大の問題であるが・・

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)