日本語TeXをMacにインストール

Ubuntu 12.04で、日本語TeXインストールに成功したので、今度はMacBookPro OS X 10.7 にインストールしてみた。ネットからのダウンロードではなく、「[改訂第5版]LaTeX2e美文書作成入門」(奥村晴彦著)付録のDVDを使用した。インストールは一応成功した模様なのだが、texソースファイルを受け付けてくれない。

日本語TeXの第一人者奥村先生によるインストールパッケージなので、間違いはないとは思っていたのだが、どうしてもダメ。Ubuntu側で作成したtexファイルを転送して読み取らせようとしてもNG! 散々苦労した後、[改訂第5版]LaTeX2e 美文書作成入門のサポートサイトに辿り着く。そこには

Mac版でnkfが収録漏れのようです。TeXShopやTeXworksからタイプセットする分には問題ありませんが,ターミナルからplatexをオプション -kanji=... なしで起動すると,nkfが見つからないというエラーになります。eplatex -kanji=utf8 のようにオプションで文字コードを指定してください。あるいは,Intel Mac用のnkfを置いておきますので,パスの通ったところに置くか,nkfプロジェクトのサイトからソースをダウンロードしてmakeしてください(Thanks: 黒木さん)

との記載があった。お世話になっている大先生に文句は言いたくないが、大事なファイルが収録モレとは恐れ入った。第3版が手元にあったにもかかわらず、最新情報版を期待して[改訂第5版]を買い直したのに・・。もっと早く、このサポートサイトを訪ねるべきだった。

何はともあれ、< eplatex -kanji=utf8 >を実行すると、問題解決。

【感想補足】
今回、MacにTeXをインストールしてみて、つくづくLinuxの有り難味を味わった。
・Linuxで日頃からコマンド操作をしていたから、Macでそれほど戸惑うことがなかった。というのは、Macでのインストール/TeX操作でも、ターミナルを開いてやらなければできない事がある。Linuxをやっていないで、いきなりMacでTeXをやろうとしたら、散々な目に会っていただろう。
・Macでは、インストールを失敗したら後処理がかなり大変。他の通常の動作に支障を来すこともあり得る。ところがLinuxなら安心。いざとなればOSのインストールからやり直せばよい。それも比較的簡単。MacでのOS再インストールは怖くてできない。

 
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)