スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TeXLive と TeXworks のインストール手順 on Ubuntu 12.04

Ubuntuのバージョンアップの度に、面倒なTeXインストールが必要となる。手順をまとめておく。<改訂版>

【1】TeX 本体のインストール
●http://www47.atwiki.jp/cscd/pages/212.html

まず、<端末>を開き、GUIでインストール作業をするために下記を実行する。

$ sudo apt-get install perl-tk

次にTeX Liveのページから <install-tl-unx.tar.gz>をダウンロードする。

$ wget http://ftp.naist.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet/install-tl-unx.tar.gz

ダウンロードしたら(適切なディレクトリの中で)これを解凍する。

GUIを使って(あひる流)、ファイルを「ここで展開」する。

install-tl-2012???? (? は日付)のあるディレクトリに移動する。

$ cd install-tl-2012???? (? は日付)

ディレクトリの中のinstall-tl をsuで実行する。GUIで操作するために以下のようにオプションをつける。

$ sudo ./install-tl --gui=perltk

インストールプログラムが立ち上がり、設定用のGUIが表示される。全部インストールすると時間がかかり、HDDも相当占有するので、不要なものはインストールしない。選択項目は
KURASAWA's Home Page : Ubuntu>サイトに従う。すなわち、

1)「標準コレクション」・・KURASAWA's Home Page : Ubuntu に準じる
2)「言語コレクション」・・「言語サポート」は「日中韓」「米英」のみを残す。「説明書」は「日本語」のみ。
3)「fontとmacroのdocツリーを導入」→「いいえ」にする
4)「システムディレクトリにsymlinkを作成する」→「はい」にする。
これをやっておかないと自分でシンボリックリンクを貼るか、PATHを設定することになる。後で大変!

以上を設定して「TeX Liveを導入」をクリック! 導入が終わったことをGUI画面で確認したら、「終了」をクリック。 GUIだから安全で楽にできる。



【2】日本語TeXのための補助(追加)インストール
●http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?Linux%2FUbuntu#hf3fd9de

pxdvi と pmetapost のインストール †

pxdvi (日本語化された xdvi) と pmetapost (日本語 MetaPost) が必要な場合は tlptexliveリポジトリからインストールします.

$ sudo tlmgr update --self --all
$ sudo tlmgr repository add http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/ tlptexlive
tlmgr: added repository with tag tlptexlive: http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/
$ sudo mkdir -p /usr/local/texlive/texmf-local/tlpkg
$ sudo touch /usr/local/texlive/texmf-local/tlpkg/pinning.txt
$ echo 'tlptexlive:pxdvi*,pmetapost*' | sudo tee -a /usr/local/texlive/texmf-local/tlpkg/pinning.txt
tlptexlive:pxdvi*,pmetapost*
$ sudo tlmgr install pxdvi pmetapost
$ sudo tlmgr path add


tlmgr のバージョンが古い場合は以下のメッセージが表示されてインストールできません.

tlmgr: using pinning file /usr/local/texlive/2012/../texmf-local/tlpkg/pinning.txt
tlmgr: package repositories:
main = http://ftp.naist.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet/
tlptexlive = http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/
========================================================
Updates for tlmgr itself are present.
So, please update the package manager first, via either
tlmgr update --self
or by getting the latest updater for Unix-ish systems:
http://mirror.ctan.org/systems/texlive/tlnet/update-tlmgr-latest.sh
and/or Windows systems:
http://mirror.ctan.org/systems/texlive/tlnet/update-tlmgr-latest.exe
Then continue with other updates.
========================================================
tlmgr: Not continuing, please see warning above!

この場合は tlmgr を最新版にアップデートしてからインストールしてください.

$ sudo tlmgr update --self --all
$ sudo tlmgr install pxdvi pmetapost
$ sudo tlmgr path add


Ubuntu 12.04 TeX Live 2012 + tlptexlive での pxdvi (xdvik version 22.85 j1.41-ptexlive) の確認 †

pxdvi で以下の警告が表示されます.

Warning: Cannot convert string "-*-helvetica-medium-r-*-*-12-*-*-*-*-*-*" to type FontStruct
Warning: Cannot convert string "-*-helvetica-medium-r-*-*-10-*-*-*-*-*-*" to type FontStruct

/usr/local/texlive/2012/texmf/xdvi/XDvi の 135 行目あたりに Fonts and colors が定義されています.

!!!------------------------------------------------------------------------------
!!!------------------------------ Fonts and colors ------------------------------
!!!------------------------------------------------------------------------------
*font: -*-helvetica-medium-r-*-*-12-*-*-*-*-*-*
!!! Use a smaller font for the statusline in the Xaw version:
*statusline.font: -*-helvetica-medium-r-*-*-10-*-*-*-*-*-*

font と statusline.font の定義を修正します.(参考: [VineSeed:18113] update: xdvik)

!!!------------------------------------------------------------------------------
!!!------------------------------ Fonts and colors ------------------------------
!!!------------------------------------------------------------------------------
!*font: -*-helvetica-medium-r-*-*-12-*-*-*-*-*-*
*font: -*-*-medium-r-*-*-12-*-*-*-*-*-*-*
!!! Use a smaller font for the statusline in the Xaw version:
!*statusline.font: -*-helvetica-medium-r-*-*-10-*-*-*-*-*-*
*statusline.font: -*-*-medium-r-*-*-10-*-*-*-*-*-*-*

以上の作業で警告が表示されなくなりました.



【3】TeXworks の導入・・●http://blog.livedoor.jp/vine_user/archives/51909130.html 解説のとおり再掲・・残念ながら以下【3】【4】の方法は、不成功! 原因はまだ究明できない。
 
以上の方法で、最新版のTeXLiveをインストーラから導入して、TeXworksをapt-getでインストールしようとすると、依存関係にあるAPT管理下のTeXLiveパッケージも再度インストールされてしまいます。これを回避するには、equivsを導入して、dummyパッケージをビルドしておく必要があります。

$ sudo apt-get install equivs


続いて、下記の手順でdummyパッケージを準備します。

$ mkdir -p /tmp/tl-equivs
$ cd /tmp/tl-equivs
$ equivs-control texlive-local


ここで、保存されたtexlive-localというファイルを以下の内容に置き換えます。

[texlive-local]
(内容別掲)


下記のコマンドでdummyパッケージを作成します。

$ equivs-build texlive-local


dpkgコマンドで、dummyパッケージをインストールします。

$ sudo dpkg -i texlive-local_2009-1_all.deb

(注意:パッケージ名はダウンロードしたタイミングによって異なる場合があります)

これで、準備が整いましたので、TeXworksをインストールします。

$ sudo apt-get install texworks



 
【4】TeXworks の設定
このままでは、日本語TeXのplatexコマンドが使われないため、コンパイルに失敗します。そこで、次のような内容のLaTeXmkの設定ファイル(~/.latexmkrc)を作成し、タイプセットとして「LaTeXmk」を利用します。

以下、http://blog.livedoor.jp/vine_user/archives/51909130.html に記載のとおりに実行する。

★(あひる記)しかし、残念ながらNG!! 「latexmk が見つかりません」とのエラーメッセージが出てきたので最後に、< $ sudo apt-get install latexmk > を実行した。


【5】上記インストール作業の結果:
・エディタを使って原文texを作成し、<コマンドで行う方法>は日本語表示もOK。
・<TeXworks>を使うと、日本語表示ができない。英文・数式はOK。 ★「タイプセット」は「LaTeXmk」をデフォルトとして設定してある。 

当面、これで我慢するしかない。曲がりなりにも、TeXworksも使えるようになったのだから、数式入力をまなぶには差し支えないから。
 

 
 
 

 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。