my grub.conf for マルチブート

 紆余曲折の末、5つのOSマルチブートシステムがようやく整備されたので、後日のために「ブート選択」grub.confを記録しておきます。

# grub.conf generated by anaconda
・・・・・
#boot=/dev/sda
default=0
# timeout=20
splashimage=(hd0,2)/grub/splash.xpm.gz
# hiddenmenu
title Fedora (2.6.23.15-137.fc8)
root (hd0,2)
kernel /vmlinuz-2.6.23.15-137.fc8 ro root=/dev/VolGroup01/LogVol00 rhgb quiet
initrd /initrd-2.6.23.15-137.fc8.img

title Ubuntu 7.10, kernel 2.6.22-14-generic
root (hd0,0)
kernel /boot/vmlinuz-2.6.22-14-generic root=UUID=09867fd4-b02a-49b7-a6a6-41bfb7e0d0d7 ro quiet splash locale=ja_JP
initrd /boot/initrd.img-2.6.22-14-generic

title Fedora (2.6.23.15-80.fc7)
## for 3HDDs System
root (hd2,0)
kernel /vmlinuz-2.6.23.15-80.fc7 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb quiet
initrd /initrd-2.6.23.15-80.fc7.img

## for 2HDDs System
title Fedora7 for 2HDDs
root (hd1,0)
kernel /vmlinuz-2.6.23.15-80.fc7 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb
initrd /initrd-2.6.23.15-80.fc7.img

title Turbolinux
kernel (hd1,2)/boot/vmlinuz root=0813 quiet resume=/dev/sda5
initrd (hd1,2)/boot/initrd

title Windows
# rootnoverify (sd1,0)
# chainloader +1
map (hd0) (hd1)
map (hd1) (hd0)
chainloader (hd1)+1

## End of ia_Fedora8


 自画自賛ですが、わたしの方式のよいところは、3台のHDD(内eSATA HDD2台)で構成しているのでお互いにシステムダウンの影響を受けないことです。またブート選択画面を受け持っているOSが起動しなくなっても、それとは別のHDDにインストールされている他のOSは単独で起動できることです。それだけシステムの安全性が高いといえます。
 
 Windowsも起動選択画面からでも、また起動選択画面を介さず単独でも起動できます。Windowsにトラブルがあっても、Linuxは何の影響も受けません。
 

COMMENTS

ご指導ありがとうございます

貴重なエッセンスのご指導と励ましをいただき、心より感謝し、御礼申し上げます。ありがとうございました。今後ともどうかよろしくお願いいたします。

楽しく元気に卓球してください

卓球を楽しく色いろ工夫しながら、がんばって練習していただきたいと思います。
じっとボールをみつめ、ボールがフォアにくれば右肩を引き少し体を捻れば、あとはラケットを振り抜くだけです。

ボールがバックやミドルにくれば、ラケット面を向けるだけでも入ります。余裕があれば、軽くラケットを引きつけ、ひじを支点に前に振るだけです。
どこにボールが飛んできても攻撃も守備もできるオールラウンドプレーを目指してがんばっていただきたいと思います。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)