Ubuntu 12.10 クラシュレポート表示を無効にする

Ubuntu 12.10 動作中に「クラシュレポート表示」が頻繁に表示され、そんなにクラッシュが多いのか、と思っていた。ところがきょうたまたま見つけたサイトによるとUbuntu 12.10のエラーらしい。対策が出ていたので早速実行した。

ubuntu_crushu_004.png

出典: 「Ubuntuアプリのいいところ」 http://ubuntuapps.blog67.fc2.com/blog-entry-446.html

●ところが、上記変更を実行した直後、Ubuntu 12.10 に一大トラブル発生。システムが立ち上がらなくなってしまった。偶然か必然か? 原因不明。大いにあせった。いろいろいじっているうちに、リカバリーモードか"Advaced option..."の中に、"Package recovery..." のような項目を見つけ、それを途中まで実行したら直ってしまった。原因と対策がはっきりしていない現状である。

再度発生したら明確になるかも??
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)