スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が身の実験

●Ubuntuは大変使いやすくなり、もはやWindowsと比べても遜色がない。ワークスペースが複数あるので、何かと作業するときに便利である。Windowsより数段つかいやすい。

●反面、いろいろと考え、頭を使うことが少なくなってきた。便利良くなった分だけ、Linuxの面白さがなくなってきた。その点、Fedoraは、まだまだ楽しめる。とっつき難いのがその良さである。実務・実用にはUbuntu、遊びと研究にはFedoraと使い分けている。

●このブログも「70歳でも・・」と銘打って70歳前から始めたが、時が過ぎ70歳を数年オーバー。「80歳でも・・」となれるよう頑張っている。そして最近は、Linuxをいじっていると認知症の予防になるのではないか、と思い始めている。これが確信・現実となるよう我が身で実証してみよう、と思っている。
 
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。