スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラケットに乗せたボールを転がして逆側へ!(補足:あひる版)

表題の先日の記事に対してコメントをいただいた。返信が長くなるので本文として書き込みました。

「ボール転がし」の実技者卓将氏は、本当に「すごーい」人。シェークもペンもこなし、それが超一流レベル。管理人あひるは、その卓球の実技指導動画を数年前に見つけ、よく観ていた。しかし「ボール転がし」動画はつい先日まで見つけそこねていた。


【試技】

●あひるは当時観た実技ビデオを参考に、自己流で練習開始。ある程度クリアできるようになった。今回の卓将氏のように真横に反転させることははじめは大変難しい。

●まず、あひるが成功したやり方は、ボールを真横ではなくラケットのトップよりやや少し横位置を通すこと。自分なりのスイートポイントが見つかる。その位置からボールを通過させると反転成功率が高くなる。どちらの面にもスイートポイントがある。これは、演技者の手首や体の差で違うと思う。自分で見つけるしかない。

●これが上手くできるようになったら、卓将氏のように真横の反転に挑戦する。あひるも成功率は低いが真横も時にはできるようになってきた。

●慣れてくると座っていてもできるようになるが、やはり立って、卓球をやるような感じで練習することが良いのではないか。体幹のバランス、足腰の力の抜き方の訓練にもなるし・・。 家の中でもできるのが有難い。無心になれてストレス解消にもなる。一石三鳥!


【効果】

●手首の動きが柔らかくなり、グリップが標準型、理想的?に矯正されてくる。

●自然とグリップの力が抜けるようになり、ゲーム中も力まなくなり打球ミスも少なくなる。(特にレシーブの時)

●動体視力の向上?・・ラケットを反転させるタイミングが実に難しい。ただ1点=その瞬間は一つのみ。ラケットの端っこに来るボールを注視していなくてはならい。そして、その位置、その瞬間にラケットを反転させる。

とにかく効果抜群!だまされたつもりでやってみることをお奨めする。ただし、無理な反転練習を長時間続けると肘を痛める。力を抜いてやることが肝要。


【あひるの迷信念】

打球に影響を及ぼすのは、一に<グリップ>、二に<体幹・・回転/重心移動>、そして三に<スイング>という確信に立っている。長年の素人卓球模索の結果、これを確信するに至った。
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。