Ubuntuバージョンアップ

 きのうUbuntuのバージョンアップを実行した。そのつもりはなく、パッケージのアップデートを実行したら、その流れでバージョンアップまで行ってしまった。

 どうせ、試行用のOSなので、「まあ、いいか・・」という軽い気持ちでOKしたら、えらく時間がかかってしまった。午前8:30頃開始し、終了したのは午後6:40! なんと10時間かかってしまった。ダウンロードのスピードが極度に遅い。その間、外出し所用を果たして帰宅してもまだ仕掛中。でも、トラブルなしで終了できたのは、なによりの幸いであった。目出度く、Ubuntu8.04LTSとなった。

 Fedoraとの違いは、これまでの設定を引き継いだまま、容易にバージョンアップできるのが有難い。Fedoraのことを思うと、うんざりする。というわけで、Fedoraのほうは、いまだにFc7のまま。次は一つとばして、Fc9にするつもり。でも設定の引き継ぎは期待できないので、大事な部分だけ、外部媒体に記録して、クリーンインストールするつもである。ちょっと情けないが、いまの自分の実力ではやむを得ない。
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)