スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu 13.10 オリジナル版のインストール・・自家用メモ

検証のためもう一度、Ubuntu 13.10 オリジナル版からのインストールを実行した。

〔1〕インストール手順・・ログイン画面、端末内メッセージの他、メニューなどウインドウ表示をすべて英語表示で使う設定方法:日本語入力も可能であり、日本語でもファイルの内容が表示できる

1) 最初の言語選択(ライブ起動の選択画面) →「English」
  次に表示される言語選択(キーボードの選択) → これは「Japanese」

2) Ubuntu Software Center からインストール
a. Anthy Engin IBus
b. Universal Input Method-Anthy plugin

  a./b.どちらか一つでもいいのかも? 分からないので上の2つをインストールし、再起動。

3) デスクトップ画面右上の「ja」--「Text Entry Settings...」--「Japanese(Anthy)」を追加し、優先順位を最初に設定する。

4) 再起動


◎以上の手順によって、Ubuntu 13.10 オリジナル版(日本語Remix版ではない)を使ってインストールした場合でも、日本語入力使用が可能となり、かつ、ログイン画面、メニュー/ウインドウ表示、端末、フォルダー名など全て英語で表示することができる。日本語/英語の入力切替えは、これまでのとおり「半角/全角」キーでできる。
 
これでもうUbuntu日本語Remix版を待たないで、新しいバージョンをすぐインストールして使えることになった。ただし、日本語ソフトを使用した場合に、Remix版でないために何か不具合があるかも?

※Ubuntuオリジナル版をあえて英語表示で使っているのは・・英語を忘れないため/頭のエクササイズになる/新バージョンを早期に使える/そして自分の趣味・・である

 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。