スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fedora 19 : Ubuntu One のインストール on Fedora 19・・ひとまず成功!

Fedora 18 の時には、どうしても成功しなかったUbuntuOneのインストールができた! 下記のサイトのおかげ。

●http://www.maxiberta.com.ar/blog/ubuntuone-packages-fedora

いつものように再録:

Yum Setup

Download and install the .repo file into /etc/yum.repos.d/:

# wget http://www.maxiberta.com.ar/repo/fedora-ubuntuone.repo
# mv fedora-ubuntuone.repo /etc/yum.repos.d/

Install the ubuntuone-client package and all of its dependencies:

# yum install ubuntuone-client

UbuntuOne Client Setup
Connect to UbuntuOne services and authenticate:

$ u1sdtool --connect

A popup window will appear where you can register a new user or use an existing account.
The Gnome Keyring will ask you to enter you passphrase in order to securely store your UbuntuOne credentials
The UbuntuOne Sync Daemon will run automatically every time you log in.

That's all! Your ~/"Ubuntu One" directory is now synchronized with your UbuntuOne cloud storage :-D


一応機能するようにはなったが、使い勝手がUbuntuやWindows上のUbuntuOneとは大分違うのでまごついている。

でもFedora 19でファイルを作成し、UbuntuOneへアップしてからUbuntu13.10で開くとファイルはちゃんと存在しており開ける。「やった!」という感じ。
 
使い勝手が悪いのは、セットアップが完結していないためか??
 
とにかくFedora/Ubuntu間で簡単にファイル交換ができるようになったので、これからは両OSが併用しやすくなった。

※Fedora 19 には<wget>がインストールされていないので、はじめに<~$ yum install wget>を実行してインストールする必要あり。
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。