Fedora 19: Adobe Flash Player のインストール

Adobe Flash Player のインストールが難航している。FirefoxやChromiumに表示されるインストール用クリックでは、インストールされるのだが正常にはインストールされない。やはり、Adobeサイトからダウンロードしてインストールしないとダメらしい。

まず、エラーインストールされたAdobeの削除からはじめなければ。

■下記のサイトのおかげで、無事インストール成功!

http://www.if-not-true-then-false.com/2010/install-adobe-flash-player-10-on-fedora-centos-red-hat-rhel/

Adobe Flash Player 11.2 on Fedora 19/18, CentOS/RHEL 6.4/5.9

Updated by JR on Jul 4, 2013 in CentOS, Desktop Guides, Featured, Fedora, Linux, Most Popular, Red Hat (RHEL) | 259 comments
Do you like this?
278

This is guide, howto install Adobe Flash Player Plugin version 11.2 (32-bit and 64-bit) with YUM on Fedora 19/18/17/16/15/14/13/12, CentOS 6.4/6.3/6.2/6.1/6/5.9 and Red Hat (RHEL) 6.4/6.3/6.2/6.1/6/5.9. Using Adobe’s own YUM repository it is very easy also keep up-to-date with Flash Player Plugin. Finally also native 64-bit (x86_64) version of Adobe Flash Player is available for Linux users.
1. Change Root User

sudo -i
## OR ##
su -

2. Install Adobe YUM Repository RPM package

## Adobe Repository 32-bit x86 ##
rpm -ivh http://linuxdownload.adobe.com/adobe-release/adobe-release-i386-1.0-1.noarch.rpm
rpm --import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-adobe-linux


COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)